2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドック入り

DSCF3585.jpg

先日のバースト事件の処理をする為、自転車を引っ張りだした。応急処置をした部分のゴムパッチが剥がれかかっていた(笑)タイヤ交換しか手がない為、自転車店へ。とりあえずタイヤの交換、チューブ交換、ブレーキワイヤの調整をオーダー。しかし相肉700Cのタイヤの在庫が無かった為に取寄せするという事で自転車店に預けることになった。

店内のカタログを見ていたらDAHON(ダホン)のカタログを発見!
DSCF3586.jpg

「DAHON社」は折り畳み自転車では有名なメーカーである。
http://www.akibo.co.jp/dahon_contents/index.html
本社はアメリカのカリフォルニア州にある。創業者はDavid Hon博士。中国系アメリカ人らしい。1982年に折り畳み自転車第一号を出荷した。折り畳み機構の特許も数多く取得している。この博士、自転車企業を起こす前はアメリカ海軍の軍事兵器開発の技術者だった経歴を持つ。しかし戦争の為に研究開発を行うことに対して科学者としての良心の呵責に悩まされていたという。そんな時1975年にオイルショックが起こる。ガソリンを求め彷徨う人々、長蛇の列に並び物を買い漁る人々。これらの姿を目の辺りにした博士は、自分がこの世界のためにできることとして、折り畳み自転車のアイディアを思いついたのだという。
DSCF3588.jpg

伊蔵はこのDAHONの存在は知っていたのだが実車を見るのは初めてであった(店内に2台展示されていた)。一台はオーソドックスな折り畳み自転車であったがもう一台は折り畳み自転車では無く小径タイヤ(20インチ)を装着した自転車であった。
p01.jpg

これがなかなか良い!「DAHON Hammer Head 7.1」という自転車。変速シフター、フロント・リアディレイラーにはシマノのパーツが使用されている。フレームはアルミニウムで車体重量10.5キロ。フロントにはサスもついている。小径タイヤだがかなりスピードが出そうな自転車だ。価格¥119,700。伊蔵の今乗っている愛車より高いではないか!(笑)しかしイイなこれ・・カッコイイ。また欲しいモノが増えてしまった・・・。

店内には電動アシスト自転車もあった。ちょっと面白いものがあったので説明しよう。「TOBU(株式会社 東部)」から出ている電動アシスト自転車。この自転車は普通の電動アシスト自転車とは違い、下り坂などペダルを漕がない所やモード切り替えによって走行中ペダルを漕ぐエネルギーを回生充電してバッテリーに溜める事が出来るという優れものだ。少しでも余ったエネルギーを余すところ無く溜めてアシスト時に活用出来る。
http://www.aero-tobu.com/
バッテリーを使い切ってしまったらそれで終わりのアシスト自転車とは違ってこれは使い勝手が良いアシスト自転車といえるだろう。
pz26ls-3.jpg

「YAMAHA PAS(パス)」の試乗車が置いてあったのでお願いして試乗させて頂く事にした。伊蔵はこれまで電動アシスト自転車に乗った事が無かったので是非乗ってみたかったのだ。
停止状態から漕ぎ出す時にいきなりアシストが始まるのには驚いた。グイッ!という感じで加速する。ある程度スピードにのって来ると(時速25キロ以上)アシストは自動的に停止する。漕ぐ力の半分を電気でアシストしてくれるという。

出来るだけ急な山坂道に乗り入れた。いつものクセで足に力を入れて最初登ってしまったのでアシストが作動しなくて焦った(笑)足に力を入れず、ペダルを軽く踏むだけで面白いようにグイグイと登って行くのでクセになりそうであった。伊蔵の住んでいる山の多い土地ではこれは便利だろう。かなり重い荷物を積んでいたとしてもグイグイ登って行くと思う。また強い向かい風などを受けた時でもアシストは強い味方となるであろう。う~ん結構スゴイ(笑)ただ婦人車タイプが多く、バリエーションがあまり多くないところと車重が重い事、少々高価なところが残念な所だが。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

必要なし

私の折りたたみ自転車とは違って、かなり高価なものですねー。
盗られたら本当にないちゃうような値段!

山道、坂道があっても、電動自転車なんて伊蔵さんには必要ないんじゃないですか?
ママチャリタイプじゃなくて、カッコいいのが出てたとしても、買わないような気がします。走れ~~~♪

ねーさん>>
自転車はハッキリ言って高価なものです・・。
特に軽いパーツを多用したものはグラム単位で値段が驚く程違います。高価な分、しっかり乗ってやらないと元がとれませぬ(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/101-67727172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まるごとオコゼ «  | BLOG TOP |  » 清正と猫

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。