2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリウムはほんのりバニラ味

今日は午前中に『健康診断』があった。
伊蔵は訳あってここ3年間程「健康診断」を受けていなかったので久しぶりの診断という事になる。前の会社では健診センターのバスが会社前まで出向いて来ての診断だったが、今伊蔵が在籍している会社では各自が先方に出向いて診断するスタイルでこれも初めての経験であった。

場所は名古屋駅近くの某クリニック。
あらかじめ会社にて配付されていた問診表と大腸菌検査のサンプルを受付にて提出、診断についての注意の説明と診察服(下着の上に着る上っ張り)と診断チェック表とスリッパを受け取り、まず三階の更衣室に向かう。

更衣室で診察服に着替え所定の位置に診断チェック表を提出し、名前の呼ばれるのをソファで待つ事に。様々な会社や職業の人達が同じ階で診察を待っていた。比較的空いていたようであった。

『伊蔵さ~ん、こちらへどうぞ』
『あっ、は、はい・・』

まずは身長・体重の測定、続いて視力検査・血圧測定といった具合だった。
視力検査ではまず、メガネ無しでの測定(ほとんど分からなかった・・)メガネ装着時の測定が行われた。身長・体重は目立って今までと増減なく変わりがなかった。血圧は上が116、下が85、6位だった。まあ正常値であろう。

次に尿を採取、血液採取であった。この提出時に出会った女性看護士で伊蔵好みの人がいたという事をここで記しておかねばなるまい(笑)血液採取は三種類の検査に回すのか、サンプル容器が三つあり、それぞれに採取された。この場所で面白かったのが、先程の伊蔵好みの女性看護士が、ある診察を受けに来ている人に次の言葉を発した事だ。

『すみませ~ん・・尿なんですが、もうひと越え頂きたいんですけど・・』

どうもその診察を受けに来ていた人の尿の採取量が少なかった為らしい(笑)
血液採取の後二階に場所を移し、まず胸部レントゲン撮影、次にいきなり胃の撮影となった。胃の撮影では造影剤として有名な『バリウム(硫酸バリウム製剤)』と発泡剤を飲まねばならぬという事だ。う~ん久々だ・・(伊蔵は以前に一度だけこの検査を受けた経験があるのだ)
DSCF1421.jpg

診察台に背中を向けて立ち、左手方向に備え付けられている紙コップに手を伸ばす。中にはバリウムが入っているのだ。

『はい、まず一口飲んでくださ~い』・・・伊蔵はグビリと一口飲んだ。むむむ意外に飲みやすいぞ(笑)甘いバニラ味であった(バニラの他、チョコ味、ストロベリー味も存在するらしいが伊蔵はバニラ味しか今まで飲んだ事が無い)次に粉状の発泡剤を服用。

『はい、次は一気に全部飲み干してくださ~い』明るい声で指示が・・美味しいビールなら飲み干せと言われれば飲む伊蔵だが、いくら甘く味付けされ飲みやすくなっているとはいえ、粘性の強いバリウムを一気に飲むのはやはり抵抗があるし、しかもゲップ出来ないのも辛い・・・。そして飲み干すとともに始まる怒濤の身体回転指示!

『はい、左回転して腹這いになって~息を停めて~はい、今度は右回転して横向いて息停めて~ほい、今度は~・・・』

毎回この検査の身体回転指示の言い回しの調子は『歌』のような一種名人芸的なものがあるなと伊蔵は思う(笑)なんとか回転し終わった。

次に超音波検査。診察台に横になり胸部に四ヶ所電極パッチのようなものを貼り、両足にも洗濯ばさみのような電極を足首部分に装着し数値を計測する(いまいち何の数値を検査しているのかよく分からなかったが・・)

お次は聴力検査。電話ボックス状の筒内に入りヘッドホンを装着、音が聞こえたら手元のボタンを押す。ボックスの中に入ると外界の音が一切聞こえなくて静かだった。最初検査の音が鳴っているのかどうかよくわからなかった。前日夜から食事を摂っていない為に伊蔵自身のお腹の音が

『きゅるる~~ん・・ぴゅるるるる~ん・・・・』

なんて鳴って仕舞い、そちらの方の音がむしろ大きく聞こえてしまった(笑)聴力検査では伊蔵の左耳の調子が悪いという事が判明した。高い音が聞き取りにくいようだ。以前にもこう言われた事がある。小学生の頃、左耳を中耳炎で患った経験があるのでそれが原因かもしれない。

次はまた場所を三階に移し、最後のお医者様直々の聴診器診断である。診療チェック表を所定の位置に置きソファに座ってしばし待っていた。すると向こうから・・おおお!先程の伊蔵好みの女性看護士さんがやって来て

『伊蔵さ~ん、こちらへど~ぞ』

そう呼ばれてなんだか不思議と嬉しくなってしまいお医者様の元へ(笑)しかしお医者様に聴診器を当てられてる時にその女性看護士さんにお腹と背中を見られてしまう羽目になり恥ずかしかった・・・です。

『特に問題ありませんね・・』

簡単にお医者様の診断は終了、ちょっと拍子抜けだった。
こんな感じで全診察が終わったのだが、自分で健診センターに出向いて診断してもらうという今回初めての経験は案外いろいろ面白かった。あとは良い結果が出れば言う事無しというところではあるが。

結果についてはまた追って報告したいと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/135-384401f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土用の丑の日 «  | BLOG TOP |  » 65歳の金田一耕助

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。