2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『飲む』のも『仕事』・第一夜

27日・28日の二日間の晩はたまたま飲み会が重なってしまい、楽しかったが結構疲れる羽目に・・。まずは第一夜の出来事から話そうと思う。

27日の木曜日の晩は伊蔵が以前に勤めていた会社(以後『M社』と称す)の同僚達と飲んだ。うちの会社のF部長経由での誘いであり、営業マン同士の飲み会という事であった。普段は伊蔵は営業マンと飲む機会というものが少ない為、今回は久しぶりに営業マンの中に入っての飲む事になったという訳だ。しかも「M社」の事務の女性も来るというオマケ付き。

飲み会の場所は伊蔵の会社から歩いて10分程のところにある『鶏ちゃん(ケイチャン)焼き』のお店。一足先に伊蔵の会社までお見えになった「M社」の事務の女性『Iさん』。伊蔵は初顔合わせという事もあり、挨拶と紹介、伊蔵の「M社」との関わり等を話しつつ、Iさん・F部長・伊蔵はお店に向かった。「M社」の営業達は遅れて登場という事になるらしい。
DSCF3990.jpg

お店はビルの2階にあった。入ると左手にカウンターと厨房があり、右手に座敷きといった造り。ご家族でお店を切盛りしているという感じであった。とりあえず座敷きに腰を降ろし『生ビール』を注文(笑)まずは三人で乾杯という事に。

ここで伊蔵も今回初めて食する『鶏ちゃん(ケイチャン)焼き』について語らねばなるまい。鶏という文字が付いているので鶏を使った料理という事は何となくわかる。調べてみて驚いた事にこの『鶏ちゃん焼き』発祥は岐阜県の奥美濃・南飛騨地方の郷土料理なのだそうだ。鶏肉・キャベツ・タマネギ・ニンニク等に味噌や醤油ベースのタレを加え、鉄板の上で蒸したり焼いたりする料理である。お好みで唐辛子やキムチ等を加えて辛味を効かして食べると美味しい。
DSCF3991.jpg

「M社」の営業達が到着するまでの間、IさんとF部長と冷奴等をつまみながら楽しく語らい合った。Iさんは伊蔵より少し年上のお姉さんだがとても楽しく愉快な方であった。ついつい話術に乗せられ伊蔵もいつに無く饒舌になってしまった。「M社」の営業が彼女の事を兄貴とか姉御とか呼ぶ意味が何となく分かった次第(笑)

しばらくすると「M社」の営業マンである『K氏』と『小さいF氏』が現れた!彼等と飲むのは伊蔵も久しぶりの事。楽しい宴の始まりとなった。二人が現れると宴の雰囲気が急にヒートアップするのが分かった(笑)この二人は社内でも仲が良いらしく兄弟のような関係が見ていて微笑ましい限りであった。

次に同じ「M社」の営業マンで『大きいF氏』が登場!伊蔵が彼と顔を合わせるのもかれこれ3~4年振りの事。時の流れの速さを感じざるを得ない。この頃には「鶏ちゃん焼き」も登場し皆で箸を付けた。伊蔵の方も生ビールから薩摩の芋焼酎『薩摩司』のロックに切り替えた。久しぶりに見る『大きいF氏』は少し痩せたように見えた。彼も何かと責任ある立場にある為、苦労も絶えないのであろう。昔の同僚達との近況等を交え飲みながらの談笑に伊蔵は大満足であった。

「M社」の面々は少し早めに引き上げていったがF部長が、「アキラも呼んでやろう!」という事で伊蔵とF部長はそのままお店の座敷きに居座る事に(笑)F部長がアキラ氏に連絡をとると丁度仕事の切りが付いた所らしく今から来るとの事。

ほどなくアキラ氏が登場。会社から自転車に乗って来たとの事だった(笑)仕事の労をねぎらいつつ乾杯。アキラ氏は仕事で流石に疲れていたようだったがビールは身体に染み渡るらしく旨そうに飲んでいた。先程の営業部との話題と制作部に携わるアキラ氏との話題には微妙な違いがあるところが聞いていて面白かった。伊蔵も「M社」に居た頃はアキラ氏と同じく制作の人間であったがなかなか営業部の仲間と飲むという機会が無く、双方の話が聞けた今回の飲み会は非常に貴重な時間だったと言えた。

三人で鶏ちゃん焼きのお店を出た後、F部長お得意の台詞がまた飛び出した・・・

『うどん食いに行くか!』

先程の店では伊蔵は話をしたり酒を飲むばかりであまり食べていなかったので小腹が空いていたから今回に限ってはこのF部長のお誘いは有り難かった(笑)
DSCF3993.jpg

鶏ちゃん焼きのお店から程近い場所にある『松屋』さんへ入った。うどんでも良かったが温かい蕎麦を頂く事にした。合わせてビールも注文(笑)
DSCF3994.jpg

実はこの『松屋』さんというお店、takeさんのお店のすぐ近くにあったのだが訳あってこの場所に移転したのである。温かい蕎麦は身体にも優しくとても美味しかった。食後、アキラ氏は自転車で会社方面に帰還して行き、伊蔵はF部長宅に今夜はご厄介になる事に。

明日の晩はお世話になっている会社のお客さんとの懇親会に伊蔵も招待されており、また肝臓を酷使する事になりそうなのだがこの件については次回に。<第二夜につづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/138-99fd9a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『飲む』のも『仕事』・第二夜 «  | BLOG TOP |  » 不測の事態の為

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。