2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

takeさん帰国後、初飲み

仕事柄、連休前の伊蔵は忙しい。
8月3日(木)の晩も仕事が長引いてしまった。まだまだやる事が山積していたのだがキリを付けて先頃米国旅行から帰国しているtakeさんに電話。

『何かある??』
『あるよ~』(笑)

簡単な会話で来店する事が成立し、お店へと向かった。
takeさんが旅行中で日本を留守にしていた間は酒と美味しい料理が食べたくて仕方が無かった・・。長梅雨で気分も何だかブルーという事も手伝って伊蔵は悶々としていた。

お店に到着するといつもの調子でtakeさんが出迎えてくれた。嬉しさとともに懐かしさというものが込み上げて来た。今回も旅行も楽しかったらしくいろいろ聞きたかったのだが、目下のtakeさんはブログでの報告に全霊を傾けており、現在も更新中という事なので話は聞かずにブログでの報告を楽しみにとっておく事にした。旅行先ではブログでの報告の為に記録メモを録っていたという。takeさんも完全な『ブロガー』と化しているようだった。
DSCF4036.jpg

今夜の一品目は『鰯の刺身と恵那鶏』。ともに生姜醤油で頂く。鰯(いわし)は読んで字のごとく、すぐに痛んでしまう為に鮮度が命。なかなか刺身で頂く事が出来ない。良い時に伊蔵は顔を出したというわけだ。非常に脂が乗っており口の中で溶ける感じであった。
DSCF4038.jpg

上の画像は鰯の腹の部分に梅肉と山芋を挟み込んでカラリと揚げた一品。シシトウも添えられている。これがまた程よく揚がっていて旨かった。梅の酸味と鰯の味が絶妙に合っていてなかなかの一品であった。
DSCF4039.jpg

今回勧められた焼酎は鹿児島県日置市にある『小正醸造』の芋焼酎『朝掘り仕込み 小鶴くろ』。鹿児島県日吉町の10人の生産農家がひとつひとつ丹念に育て朝堀りされた新鮮なさつま芋(コガネセンガン)を使用したという本格芋焼酎だ。この焼酎と先程の鰯を一緒に口に入れると何ともいえない至福な気分が味わえた(笑)
DSCF4041.jpg

DSCF4042.jpg

今夜の伊蔵は忙しさで精神的に不安であったが思い切って仕事にキリを付けて来店して良かった。一人でブラリ立ち寄ってホッと息抜き出来るお店がある事はとても幸せな事だ。毎回ありがとうtakeさん。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/141-7bacc80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京下町見物(その1) «  | BLOG TOP |  » 韓国ドラマ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。