2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京下町見物(その2・柴又帝釈天参道)

東京都葛飾区柴又は東京都23区の中でも一番東部に位置し、江戸川を挟んで千葉県と隣り合っている。柴又駅に降り立った伊蔵は江戸川方面に向かって延びている『帝釈天参道』を進んでいった。
DSCF4047.jpg

時間的に午前中ということもあるのか予想以上に空いていて歩きやすかった。また『男はつらいよ』の映画でのイメージが大きすぎる為か、実際の柴又の町の狭さや規模の小ささに少しばかり驚いた。これほど規模の小さな町を日本人の誰もが知っているという事実は『車寅次郎(渥美清)』のキャラクターの影響というものがどれほど強いかを物語っている。寅さんがいなければこの柴又はただの小さな一寺町の存在となっていたであろう。
DSCF4048.jpg

参道の幅員(道幅)も5~6メートル位と非常に狭い。左右にはいろいろなお店が軒を列ねていた。駄菓子屋さん、鰻屋さん、蕎麦屋、草だんご屋などなど・・・。
DSCF4050.jpg

DSCF4051.jpg

しばらくそのようなお店を見ながら進むと『高木屋老舗』さんのお店が見えて来る。この高木屋さんは映画『男はつらいよ』の撮影の度に役者さんや撮影スタッフの休憩や衣装替えなどに協力したお店として寅さんと非常に所縁の深いお店としてよく知られている。また寅さんのおいちゃんおばちゃんの経営する草だんご屋のモデルにもなっている。帝釈天参道の両側にお店を構えていて柴又駅方面から向かって来ると右手にお土産物のお店、左手に草だんご等をお店の中に入って頂ける喫茶店となっている。とりあえず帰り道に立ち寄って草だんごを食してみようと考え、伊蔵は先へと足を進めた。
DSCF4098.jpg

もうひとつ『とらや』さんという草だんご屋さんも存在する。映画『男はつらいよ』の第39作までに登場する団子屋さんの屋号は『とらや』であったが、それ以降に作られた作品では『くるまや』に改称されている。この改称の理由は諸説あるのだが確かな事はよくわからない。だがこの実際の『とらや』さんの店先には

『1作から4作まで実際に映画の撮影に使用したお店です』

との張り紙があり、お客さんも店先に立ち止まっては様子を伺っている姿を見かけた。ちなみに5作目以降の作品からは鎌倉の近くにある『大船撮影所』の店内セットで撮影されたということだ。
DSCF4052.jpg

DSCF4053.jpg

いずれのお店も映画の恩恵を少なからず受けており、この柴又の町では『寅さん』は英雄視されている。渥美清さんの死によって作品制作に終止符が打たれ、年々この下町に足を運ぶ観光客も減少しているとの事だ。ちょっと寂しい感じがする。
DSCF4054.jpg

DSCF4055.jpg

駅前の広場から数百メートルも参道を進むと正面にいよいよ『柴又帝釈天』が見えて来る。笠智衆さん演じる帝釈天住職の『御前さま』、佐藤蛾次郎さん演じる寺男『源公』が映画の中で登場するお寺である。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●

見覚えのある景色につい目を止めてしまいました。はじめまして。

東京って言葉だけで肩に力が入ってしまう地方人には葛飾柴又はほっとする空間ですよね。私もヨメの実家(亀有)が近くなので最近は自転車持って行って、江戸川辺りをブラブラするのが恒例になりつつあります。

続きを楽しみにしてます。

kanbeya さん>>
はじめましてkanbeya さん。
伊蔵のブログを覗いて下さってありがとうございます。

今まで伊蔵は東京には良いイメージを持っていませんでしたが、街や大通りから少し中に入っただけでいい雰囲気の下町がある事に今更ながら気が付き、最近になって見方が変わって来ました。まだまだ東京で見たい場所が沢山あります。如何せん、伊蔵の住まいは東海地方ですのでなかなか頻繁に出かけるというわけにはいかないのが残念です。

kanbeya さん、東京の下町でいい場所があればまた教えて下さいね。ブログの続きは楽しみにしていて下さい☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/143-42630aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京下町見学(その3・柴又帝釈天) «  | BLOG TOP |  » 東京下町見物(その1)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。