2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京下町見学(その9・宿)

老舗蕎麦屋『神田まつや』を後にした伊蔵は一路今夜の宿である『ホテルニュー神田』へと向かった。本当は東京下町見物というからには木造の旅篭のような宿に宿泊したかったのだが、なかなかそういう宿は見つかるはずも無く今回の宿は手軽にネットにて予約した。ネット予約は大変便利で、どこかに泊まりで出掛ける時は必ず活用している。
1333.jpg

『ホテルニュー神田』は都心にあり観光名所にも近く交通の便も非常に良い立地条件。しかも朝食バイキング付きで料金もリーズナブルなのが嬉しい。一階入り口脇には『ファミリーマート』も隣接しており夜食が食べたくなった時にも便利である。またチェックアウトはのんびり昼12時までとゆっくり出来、朝の時間せかせかしなくて済む。
8926.jpg

フロントロビーには週末という事もあり修学旅行の学生や老人会、家族連れなど様々な団体客を多く見かけた。伊蔵はチェックインを済ませ503号室へ。部屋に入ると夏の暑さと歩き疲れたせいか、すぐに横になった。しかしこのブログ『伊蔵通信』更新の為に今日一日、いろいろな資料やメモを集めていたのでその整理と本日のコースのおさらいとを終えてからの就寝となった。
DSCF4119.jpg

朝はぐっすりと寝たせいか比較的早朝に目覚めた。まだ朝食の時間には幾分早かったので部屋でニュースを見ながら過ごし、午前8時過ぎにホテル1階にあるレストランへ朝食を食べに行った。和洋それぞれ揃ったバイキング形式の食事であった。食後の珈琲も楽しめた。外を見ると今日もいい天気だ。かなり暑くなる事が予想される。本日も徒歩で廻る事もあり朝食というものの少し多めに腹の中に入れてから伊蔵はチェックアウトを済ませ、宿を後にしたのだった。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/152-ecda658c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京下町見物(その10・御茶ノ水/前編) «  | BLOG TOP |  » 東京下町見物(その8・老舗蕎麦屋訪問)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。