2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京下町見学(その11・御茶ノ水/後編)

そもそもこの御茶ノ水付近、都心の中に突然現れるこれほどの高低差のある渓谷がなぜ存在するのか。実はこの渓谷は自然のものではなく、人工的に造られた渓谷なのである。
20040906e3f8c5d9.jpg

江戸の町の歴史は『豊臣秀吉』によってこの関東・武蔵野の地に移封された『徳川家康』の都市開発以前よりも古く、最初に江戸の土地・自然に対して人工的な手を加えた開発を行ったのは『太田道灌(おおたどうかん)』だといわれている。太田道灌の開発を土台に様々な手を加えて大規模な開発を行ったのが徳川家康と考えていいだろう。本格的にこの開発事業が開始されたのは江戸幕府開幕後の事である。

その頃の江戸は今の日比谷や銀座の辺り等は『日比谷入江』という湾だった。これを家康は埋め立てて土地を造った。埋め立て用の土は『山の手』の台地を削ってそれに充てた。
DSCF4217.jpg

江戸城の堀の廻らし方を観察してみると本丸から『のノ字型』になっているのがわかる。江戸の町もこの『のノ字型』に沿って発展していったのである。
DSCF4214.jpg

さてここで御茶ノ水付近の人工的渓谷の話に戻る。
この付近は『本郷台(本郷台地)』と呼ばれていて北側から「山の手」が神田付近にまで緩やかな尾根を伸ばしていた土地だった。しかし江戸城防衛と洪水防止、江戸町民への真水の確保(水道整備)等の観点からこの『本郷台』を南北に人工的に分断し『外堀』を造った。下の画像二枚は御茶ノ水の現在の地図と江戸時代のほぼ同じ地点の絵図である。
DSCF4211.jpg

DSCF4218.jpg

この大規模な難工事を幕府の命令により普請させられたのは仙台藩の独眼竜で知られる『伊達政宗』であった。彼は戦国武将の中で最後の生き残りの感があり、草創間もない江戸幕府にとってはいつ天下を狙うかもしれぬ油断のならない人物として見られていた。
そういう伊達仙台藩の力をこの外堀普請によって削ごうと幕府は考えたのだ。この難工事によって仙台藩の財政は逼迫し『伊達騒動』の発端となった。この外堀の別名は『伊達堀』『仙台堀』とも呼ばれている。

『神田川』はもともと『平川』と呼ばれていて本来はもっと西側(水道橋付近)を南北に流れて江戸湾に注いでいたのだが、この外堀の完成とともに流れを変えさせられて東西の流れとなって現在は隅田川に注ぐ形になっている。神田川源流は井ノ頭(いのがしら)の弁天池で幕府の命で『神田上水』として整備された。

神田川(外堀)によって南北に引き裂かれた『本郷台』は北側はそのままの名称が残ったが神田川の南側の台地は『駿河台(するがだい)』と呼ばれた。これは駿府(静岡)で徳川家康が亡くなった後、家康に仕えていた多くの家臣が江戸のこの地に移住し居を構えた事から『駿河台』とか『駿台(すんだい)』と呼ばれる事になったのだそうだ。

御茶ノ水の地名の由来は、この辺りにあった『高台寺』という寺の庭に湧き出た水を江戸幕府第二代将軍徳川秀忠に献上し、その水で御茶を喫した事という説、将軍が鷹狩りの帰りに高台寺に立ち寄って湧き水で御茶を飲んだところ旨かった為に将軍御用達の御茶を入れる為の水(つまり御茶ノ水)になったという説などがある。

下町散歩の魅力はその土地の今と昔を比べてみるという作業が面白いところにひとつの楽しみがある。東京は世界有数の先進的大都市であるがそういった古さと新しさが絶妙に調和している都市ともいえる。そういう一つ一つを検証し楽しみながら路上観察出来る場所が東京には沢山ある。

反対に京都は長い間、日本の都であった事もあり歴史も長過ぎる為、古いものが保存され過ぎており(これはこれで大切な事ではあるが)極端に町の景観を損ねる新しい建物は疎外されてしまうというところがある。その為に京都という町は東京のように雑多に新しいもの古いものが極端に混在した町ではなく『今昔路上観察』という事がしにくいという事がいえるだろう。今回の旅で伊蔵はこの事実に気が付いた。<つづく>

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/154-ccd8cb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京下町見学(その12・神田明神/前編) «  | BLOG TOP |  » 東京下町見物(その10・御茶ノ水/前編)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。