2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のラーメンを食す

なかなか地元のラーメン屋さんに出向く機会が無い伊蔵だが、先日あるラーメン屋へ行く事が出来た。伊蔵の地元には多くのラーメン屋が存在するはずだが、地元に居る時間が絶対的に短い為にどこにどんなラーメン屋があるのかよくわからない・・。

今回伺ったラーメン屋さんは伊蔵が自転車で町中を走っていた折りに偶然見つけたお店。しかしいろいろ調べてみると結構前から営業されているみたいである。大きい通りから一本奥に入った場所にあるので今まで見落としていたのだ。

店内はごく普通。カウンター席とテーブル席があり結構広い。
伊蔵は『味噌四川ラーメン』を注文した。四川というからには辛いという事なのだがこの辛さも3段階から選ぶ事が出来る。『辛さ・中』を伊蔵は選んだ。チャーシューに関してもそのままか焼きを入れるかを選ぶ事が出来たので伊蔵は『焼き』を入れて頂く事にした。
DSCF4533.jpg

注文の品を待つ間、小さな器に入った胡麻を擂粉木でゴリゴリすり潰して待つ。このすった胡麻をラーメンのスープに投入し食べるわけだ。
DSCF4535.jpg

『味噌四川ラーメン』がやってきた。味噌の香りと焼いたチャーシューが食欲を誘う。特にチャーシューのぶ厚さには驚いた。食感はとても柔らかく「焼き」が入れてあるので香ばしさもある。スープは味噌の濃厚さも勿論だがピリリと程よく辛くて旨かった。伊蔵的にはもっと辛くてもよかったのだが味噌の味と香りを味わうにはこれくらいの辛さの方が良いのかもしれない。麺はストレートの細麺。麺量もそこそこ多い感じがした。値段は少々高めの940円也。でも美味しかったので満足した。ここの味噌ラーメンも『また食べに行きたい』というクセになりそうなお味であった。

他にもラーメン通に取り上げられているお店が地元にいくつかあるので機会があれば出掛けて行って食して報告したいと思います。

しかし食べ物の旨さをうまく伝える文章を書くのは難しい・・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/195-f15cd9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟹を食す «  | BLOG TOP |  » 港・横浜OFF会(その14・最終回/麺に取り憑かれた人々)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。