2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵、飛騨路を巡る(その2・荘川~高山へ)

『里山茶屋 むろや』さんを後にした我々は国道158号を東進し、一路『高山』方面へ向かった。この辺りは標高が高い為、すでに紅葉の時期を過ぎてしまっている。山々の樹木は枯木が目立っていた。国道158号と平行して『中部縦貫自動車道』が延びている。その『中部縦貫自動車道』の『飛騨清見インター』出口からすぐの所に、『豆腐の宮春』さんがある。
DSCF5033.jpg

標高850mという高地にある『宮春』さんの豆腐をtakeさんは仕入れてしばしばお店で出してくれて伊蔵はそれを頂く機会があった。
DSCF3394.jpg

豆腐にしても蕎麦にしろ、水質が綺麗な湧水が出る場所がないと美味しい物を造る事は出来ない。その点この清見という地は打ってつけの場所で、『豆腐の宮春』さんでもこの湧水を使用して豆腐造りを行なっている。その水は『麦飯石水(ばくはんせきすい)』と名付けられている。『麦飯石(ばくはんせき)』というのは鉱石の事で、表面に無数の微細な孔があいており表面の模様や色が麦飯に似ている事からこう呼ばれる。この石の微細な孔は水道水のカルキ臭や雑菌を吸着し濾過する性質があるので、浄化機器などに広く活用されている。

この清見の地質には『麦飯石』の岩盤が分布しているとの事で綺麗な湧水が豊富なのである。『豆腐の宮春』では各種豆腐の他、油揚げ・こんにゃく・ミネラルウォーター・地酒の販売や製造を行なっている。伊蔵らは直売店の方へ入ったが、直売店の隣には『お食事所 宮春』というお店もあり豆腐や湯葉料理などが楽しめるようになっている。

『豆腐の宮春』さんはもともと普通の小さなお豆腐屋さんだったらしいが新しいカタチの豆腐の研究・製造をはじめ、その他多くの協力者に支えられて今のお店の規模にまでになった。

直売所の中で伊蔵が試食させて頂いた豆腐で『小豆豆腐』というものがあったが、これは美味しかった。お味は井村屋のあずきバーのような味であわせて豆腐の感触があるという不思議な感じであった。豆腐自体の色はホンノリ小豆色。う~ん今まで味わったどの豆腐とも違う味わいだった。一緒に試飲した豆乳も濃厚なお豆の味がして旨かった。
DSCF5034.jpg

直売所の脇には『宮春大明神』なる祠が・・。水の神様をお祀りしているのかもしれない。綺麗な湧水あっての美味しい豆腐、祀らないわけにはいかないだろう。

『豆腐の宮春』さんを後にして、我々はまた国道158号を東進。高山方面に向かうにしたがって徐々に下り坂になって来た。下るにつれて紅葉を見る事が出来る様になってきた。道沿いには『飛騨牛』『ラーメン』などの看板が目立つ。
DSCF5035.jpg

道の前方には雪を冠った『乗鞍』や『穂高』などの山々がとても綺麗に連なって見えていた。高山市内に向かうにしたがって交通量が増えて来た。高山は観光都市に加え、この紅葉シーズンだということも重なり観光バスやマイカー利用の観光客などで混雑しているのだろう。しかしtakeさんの乗る『カブ』にとって渋滞というものは関係なく、信号待ちの最中に車の横をすり抜けて先頭に出る事が可能だ。こういう渋滞時は二輪車の方が便利が良い。

国道41号を横断しJR高山本腺の陸橋を越えると高山市街。陸橋を渡り終えた所で左折。JR高山駅方面へと我々は向かい。駐車スペースを探す事に。この高山で町を歩いて散策する事にしていたからだ。駅前からしばらく北に向かった所にあるパチンコHEIWAの駐車場を拝借し、車を停めた。午後1時高山市着。<つづく>

●『豆腐の宮春』
・所在地:岐阜県高山市清見町夏厩998-1
・アクセス:東海北陸自動車道/飛騨清見インターを降りてすぐ
・ホームページ:http://www.tofu-miyaharu.com/index.html
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/216-d6e96d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵、飛騨路を巡る(その3・小京都/高山) «  | BLOG TOP |  » 伊蔵、飛騨路を巡る(その1・荘川へ)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。