2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『いざ鎌倉!』(その11・長谷駅~鎌倉小町通り)

『鎌倉大仏』のある『高徳院』を後にした伊蔵は江ノ電『長谷駅(はせえき)』への道を歩いていた。行きに歩いてきた『長谷通り』は観光客でいっぱいで非常に歩き難い為、伊蔵は一本東側の狭い路地を歩く事にした。
DSCF5314.jpg

路地は地元の方々が犬の散歩をする為に歩いているくらいであまり人がいない。非常に歩きやすい道であった。得てしてこういった路地には人目につかない飲食店があるものだが、果たしてそれはあった。普通の民家を改造したフランス?料理屋のようであった。ちょっと覗いてみると純和風の庭にはいくつかの照明が設置されており、入口の門の脇にはお品書きが書かれていたが欧文で伊蔵には読めなかった(笑)
DSCF5317.jpg

路地沿いには瀟洒な住宅が多く中には上の画像のような『蔵』も見られた。薄暗くなった路地を照らす昔ながらの電球照明が何ともいえない雰囲気を醸し出している。静かな路地をそのまま真っ直ぐ南へ向かって歩くと江ノ電の踏切が見えてきた。『長谷駅』の裏手に出たのだ。
DSCF5321.jpg

長谷駅のホームは電飾で綺麗に輝いていた。まだ午後5時前であったがかなり暗く、この調子で江ノ電に乗って終点『鎌倉駅』に到着する頃にはすっかり陽が落ちてしまっている事だろう。伊蔵の思っていた予定よりかなり遅れてしまっていた。

しばらくすると江ノ電の車両がやって来たので伊蔵は乗り込んだ。かなり混んでいて今回は座る事が出来なかった。長谷駅を出発し『由比ヶ浜駅』『和田塚駅』と通過し約5分程で終点の『鎌倉駅』へと到着。伊蔵は鎌倉駅東口から改札を抜けた。
DSCF5322.jpg

東口の駅ロータリーへ出ると外はすっかり陽が暮れていて“夜の鎌倉”となっていた。以前ここを訪れた伊蔵は鎌倉のシンボル『鶴岡八幡宮』から真っ直ぐに南へと延びる参道『若宮大路』を見るだけで終わってしまっていたのだが、この若宮大路の一本西側の通り『小町通り』には沢山のお店が立ち並んで鎌倉観光の重要なスポットとなっている事をこのたび知ったのであった。是非見ておかねばなるまい。駅東口からその『小町通り』に入る目印は赤鳥居である。早速伊蔵は赤鳥居をくぐって『小町通り』へと足を進めた。
DSCF5323.jpg

暗くなって来ているというのに結構賑わっていた。『小町通り』の存在は今まで自分の眼中には無かったので見るもの全てが珍しかった。
DSCF5324.jpg

調べてみるとこの『小町通り』は鶴岡八幡宮の“裏参道”にあたるとの事。十数年前までは静かな通りで生活必需品を売る普通の商店街であったらしい。しかし時代の流れとともにこの商店街も変化せざるをえなくなり、約600m程の通りに若い女性観光客を呼び込む為、お洒落な飲食店、様々なショップが所狭しと並ぶ商店街へと変貌を遂げ、鎌倉の観光必須ポイントとなった。
DSCF5326.jpg

伊蔵的には『ここは本当に武士の町鎌倉なのか???』と疑ってしまうようなお店まであったがブラブラ歩きながら見て回るのは面白い。漬物屋、お煎餅、鎌倉コロッケなど気軽にテイクアウト出来るような物から、飲み屋、喫茶店、雑貨・小物などを売るお店は無数にあった。伊蔵は店頭で備長炭を使って網焼きし醤油を塗られている煎餅を見ている内に我慢が出来なくなり一枚焼き立ての煎餅を買って食べてしまった(笑)揚げ立ての鎌倉コロッケもとても美味しそうだったが今日は我慢する事にした(夜になってしまった為、二日目にまた来ようとこの時考えていたからだ)
DSCF5327.jpg

古都のこういった商店街に付き物の『人力車』も小町通りで見かけた。しかしこの通りを一回歩くだけで食べる事が好きな女性などはたちまち肥えてしまうだろう・・と伊蔵は思った。そういった店が本当に多い。
DSCF5328.jpg

心ならずも夜になってから『小町通り』に辿り着いた伊蔵であったが夜の商店街もなかなかどうして楽しくて面白いものだと思った。
DSCF5331.jpg

DSCF5332.jpg

店先に可愛い石造りの豚さんの彫刻があるのは『豚まんじゅう専門店 鎌倉点心』さんだ。この豚さんに引き付けられて思わず撮影してしまった(笑)鎌倉点心さんでは職人さんがひとつひとつ丁寧に豚肉を角煮風に味付けし手造りした豚まんを頂く事が出来る。また海鮮まん、ピリ辛牛まん等、沢山のバリエーションがあり食べ比べるのも楽しい。
DSCF5333.jpg

約600mの『小町通り』を歩くとそこはもう『鶴岡八幡宮』の西端だ。真っ直ぐ向かえば北鎌倉へと通ずる。すっかり夜になってしまったが伊蔵は『鶴岡八幡宮』の境内へと足を向けたのだった。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/245-de5c13b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『いざ鎌倉!』(その12・鎌倉~大船の宿へ) «  | BLOG TOP |  » また別の旅に出たくなりました・・・

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。