2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『いざ鎌倉!』(その19・最終回/再び小町通りへ)

昼飯を『一茶庵』でたらふく頂いて満腹の腹を抱えながら伊蔵は『小町通り』を北側から入って行った。相変わらず通りは観光客でごった返していた。そんな中伊蔵が立ち寄ったお店は『鎌倉まめや』さん。
DSCF5418.jpg

ここ『鎌倉まめや』さんは厳選された豆を使い、その豆の特質に合わせて作られる豆菓子が常時50種類以上並ぶお店。その全てが試食可能という事でいつも店先や店内は幅広い年齢層の観光客で混雑している。
DSCF5434.jpg

抹茶味の落花生や珍しいマヨネーズ味の豆など伊蔵好みのお豆さんが沢山ある。豆はビールやお酒のおつまみとして身近な存在であるだけでなく、日本人の食生活に昔から親しまれてきた食材である。『まめや』さんではそれを素材の味を壊さないように現代の感性で様々なバラエティー溢れる味にへと仕上げているという訳だ。
DSCF5433.jpg

食べやすくアレンジを加えてある豆の種類の豊富さには本当に驚かされる。どれを試食しても美味しいのだが、伊蔵が気に入ったものは先程も書いたマヨネーズ味、チーズアーモンド、モカショコラ、黒胡麻といったものが美味しかった。全てを味わえなかったのは残念だったが見るだけでも十分楽しい。
DSCF5431.jpg

●『鎌倉 まめや』
 所在地:神奈川県鎌倉市雪の下1-5-38 
 電話番号:0467-25-2524(FAX兼用)
 営業時間:10:00~18:00
 定休日:年中無休 
 ホームページ:http://www.mame-mame.com/

次に伊蔵が立ち寄ったのは『鎌倉 味くら』さん。お漬物の専門店である。
mikura.jpg

先程の『まめや』さんと同じくこちらの『味くら』さんの漬物も沢山のバリエーションがあり試食も可能になっている。年間50万人の観光客が訪れるというから凄い。古漬、浅漬の他にも佃煮や珍味、押し寿司も販売している。

『味くら』さんの漬物は徹底的に塩分を控えるだけでなく合成保存料や着色料も極力使用せず素材の味を引き出すようにしているという。それだけこだわりをもって作られた漬物は実際に頂いてみると確かに美味しく自然な酸味が口の中に広がる。『味くら』さんはここ小町通りの一店のほか、若宮大路にも一店ある。またネット通販も行なっている。

●『鎌倉 味くら』
 所在地:小町通り店/神奈川県鎌倉市小町2-8-36
     若宮大路店/神奈川県鎌倉市雪の下1-9-29
 電話番号:0467-22-6835(代) FAX 0467-22-6857
 ホームページ:http://www.tsukemono-mikura.co.jp/

伊蔵が小町通りで最後に寄ったのが『元祖鎌倉コロッケ 鳥小屋』さん。揚げ立てのコロッケを販売しているお店だ。
0315.jpg

普通のジャガイモコロッケもあるのだがこの『鳥小屋』さんは変わり種コロッケを販売している事で有名で『出没!アド街ック天国』の“薬丸印の新名物”でも取り上げられた事がある。チョココロッケ、紅芋コロッケ、黒胡麻コロッケ、梅コロッケ、抹茶コロッケなんてものがある。二階は食堂になっているとの事。

変わり種コロッケも味わってみたかったのだが伊蔵にとってのコロッケとはやっぱり“ジャガイモに引き肉が入ったコロッケ”なのである。日本人ならこれが一番ウマイだろう。お店の気さくなお姉さんに揚げ立てのコロッケを注文。『あつあつだから火傷に気をつけね』と言われホクホクのコロッケを早速頂いた。
DSCF5419.jpg

サクサクカラリと揚がった衣と中の甘いジャガイモの味が混ざり合ってとても美味しい。コロッケはやっぱこれだ!(笑)

●『元祖鎌倉コロッケ 鳥小屋』
 所在地:神奈川県鎌倉市小町2-10-4
 電話番号:0467-23-6800 FAX番号 0467-23-0338
 営業時間:11:00~23:00 
 定休日:木曜日

DSCF5420.jpg

昼飯をきちんと摂ったというのに『小町通り』に入り込んだおかげでまたいろいろ食べてしまった・・(笑)伊蔵は鎌倉駅に入る前に若宮大路に出て鶴岡八幡宮の『二の鳥居』の前に出て鎌倉の町を最後に目に焼き付けたのだった。

結局、計画不足で今回の旅では鎌倉の町の東側には全く足を踏み入れる事が出来なかった。また再度ゆっくりまわって見たいと思う。湘南・鎌倉近辺はとにかく名所スポットが非常に多く目的を絞って歩かねば一泊二日では十分に回る事が不可能だと今回の旅でよく分かった。こうして伊蔵の鎌倉の旅は終わったのだった。<完>

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/253-be64864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

近江国・長浜への旅(その1・はじめに) «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『いざ鎌倉!』(その18・鎌倉の旅の〆もやっぱり蕎麦)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。