2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モツ鍋で暖まる

先日mixiの日記でtakeさんが“ピリ辛万能スープ”を作ったという記事を目にした。
335335570_21.jpg
<画像提供・takeさん>
この“ピリ辛万能スープ”を使って『モツ鍋』を振舞ってくれるという。今週末にわかに気温が下がり寒くなった事もあってこの『モツ鍋』を頂けば身体が暖まるのは必定だろう。これは出掛けなくてはなるまい!

今週の土曜日は伊蔵は久々に休みであったので十分に休んだ後に名古屋のtakeさんの店に向う事にした。美味しいモツ鍋が頂けるとの事なので今夜のゲストとして久しぶりに“R嬢”をお招きする事にした。R嬢は伊蔵の以前からの友人であるY嬢のお姉さんにあたる人物でここ最近はお互い仕事が忙しくお会いする機会がなかった。takeさんも顔を見るのは久しぶりだろうしと思いお誘い申し上げる事にした。

一足先にtakeさんの店に伊蔵は入った。すっかり“週末の訪問者”の異名をとる程になってしまった伊蔵をtakeさんは、

『伊蔵君!例のスープ目当てにやって来たね??(笑)』

と言い迎え入れてくれた。取りあえずエビスビールを頂きながら近況報告。と言ってもここ一週間の出来事を報告するだけなのだが(笑)瞬く間にエビスビールを一本空けた伊蔵はtakeさんから店に訪れたお客さんから頂いたという『日本酒(純米)』を薦められた。お猪口に一杯注いでもらい飲んでみると純米酒らしからぬお味。その味は吟醸酒に近いフルーティな味わいで香りと飲み口がかなり強い。詳細はわからないが、そのお客さんはお仲間と趣味で日本酒を造っているのだという。その内の一本をtakeさんの店に持って来たという。

趣味で造ったとはいえ、なかなか本格的な味であった。そんな事で日本酒をチビチビやっているとコツコツ・・・と木戸を叩く音が聴こえた。伊蔵は木戸を叩く主がR嬢だという事は分かったが今夜R嬢が来るとは知らないtakeさんは『むむ!?』といった感じであった。

久しぶりに現れたR嬢にtakeさんは驚いていた(笑)R嬢は本日も仕事で疲れているようであったが元気そうで安心した。取りあえずメンバーが揃った所で乾杯。takeさん、R嬢、伊蔵は久しぶりの再開という事もあって美味しい食事をしながらのお喋りがいつになく楽しく盛り上がったのである。
DSCF5543.jpg

そこへいい匂いが漂い始めた!takeさんが作った特製スープによるお待ちかねの『モツ鍋』がついに我々の前に現れたのである。モツ、ニラが煮詰められるにしたがいますますそのピリリとした美味しそうな匂いは強くなり食欲が自然と頭を擡げて来る。

●『モツ鍋』・・・この鍋料理は元々、九州は福岡博多の郷土料理であったが地元の店舗がいわゆる“バブル期”に東京に進出した事から人気に爆発的に火が付いて日本各地の大都市において『モツ鍋』の店が続々と開店するという『モツ鍋ブーム』が起きた。

伊蔵もこのブームの時に名古屋市内のモツ鍋屋へと出掛けた事がある。どこもかしこもモツ鍋屋という時期もあったのだが一過性のブームでありその後急速に衰退した。博多では郷土料理という事で変わらず人気の鍋料理となっている。
DSCF5546.jpg

この『モツ鍋』の魅力は安く手に入る食材で手軽に楽しめお酒にも良く合い、鍋を楽しんだ後の定番である雑炊やうどんを投入して頂くにしても非常に美味しく出来上がる事だろう。何よりもニラ、ニンニク、鷹の爪(唐辛子を刻んだ物)の匂いが食欲を誘い、ひとたび食べると寒い冬等は身体が芯からポカポカとしてきて暖まる。

本日のゲストであるR嬢は、前述の『モツ鍋ブーム』時にはまだ幼かった為、直接にはこの鍋料理についての知識は無く今回、口にするのが初めてのようであった。何にしても頂いてみるとスープがまず美味しい。takeさんによるとこのスープのダシは鰹、昆布、煮干、あとホニャララ等で作ったらしい(笑)そのダシにニラ、ニンニク、シイタケ等の野菜と豆腐、モツ(ホルモン)を十分に煮込む事によってそれら食材からさらにダシが染み出しスープと融合してさらに濃厚な味となっていた。絶品であった。

雑炊にしてもうどんを入れても良いと思ったがラーメンを入れても合うのではないかと思う程美味しいスープであった。『モツ鍋』は確かにお酒に合い、今回伊蔵はtakeさんに薦められたお客さんが趣味で作ったというお酒の他に、日本酒『杜氏の華』という銘柄を飲んでいたのだが美味しい鍋と楽しい会話で飲む量も何だかいつもより多くなっていたようだった。
DSCF5548.jpg

すっかりモツ鍋を堪能させて頂いた。R嬢も初めての味わいに喜んでいるようだったしお誘いして本当に良かった。鍋の後、うどんを投入するか雑炊にするか迷ったが結局“雑炊”に決定した。こいつも旨かった。雑炊を頂く前にすでにかなり満腹の状態であったが余りの美味しさに全てを平らげた。いつの間にか日本酒もすっかり空けていたので我ながら驚いてしまった・・(笑)

改めて『モツ鍋』の持つミラクル的な美味しさに驚いた伊蔵であった。モツ鍋を作ってくれたtakeさん、時間を忘れて楽しいお話で盛り上げてくれたR嬢に感謝☆
ご馳走様でした!

※この日の伊蔵は結局帰る事が出来ずtakeさんのお店で一夜を過ごしたのだった。久しぶりに泊めさして頂き、さらにはシュラフまで貸して頂いて快適な睡眠がとれました。有り難うございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

● COMMENT ●

美味しそうだね~
こんなに油が浮いてるけどコッテリしてないの!?
スープはアッサリしてそうに見えるけどね。
何とも美味しそうだ~

この脂がまた・・・

まなみさん>>
こんばんは。『モツ鍋』最高でした☆
この脂はモツから出たものですがコッテリとはしていません。非常にあっさりしてますよ。モツの脂と野菜のダシが混ざり合いスープに程よい甘さを引き出す訳です!
これは病み付きですよ。ラーメン・雑炊・うどん何でも来い!のスープです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/274-34acdd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『食』の地域性について «  | BLOG TOP |  » お疲れラーメン

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。