2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m-k観光主催『越前・福井の旅』その16/福井の夜の宴2

『おととや』さんでの夜の宴は始まったばかり。料理を一品一品紹介していこうと思うのだが伊蔵はこの夜、日本酒の美味しさにかなり酔ってしまい記憶もウラハラなのだが何とか書いていこうと思う(笑)
DSCF5675.jpg

まずは日本海で穫れた魚を使った『お造り盛り合せ』。見た目自体がもはや新鮮と思わせる一品。アジ、〆鯖、ブリ、赤イカ、海老等がのる。それぞれ口に入れてみるとトロリとした舌触りと甘さが口の中に広がる。中でもやはり福井の〆鯖は最高であった。鯖は臭みやアレルギー等などで受付けない方もいるが、これほど美味しい物を食せない事は不幸中の不幸と言わざるをえない。伊蔵はこの時、芋焼酎“佐藤”を飲んでいたのだが急遽日本酒方面へ切り替える事に(笑)あまりに〆鯖が美味しかったので単品で一皿注文してしまった。
icyorai.jpg

伊蔵の注文した日本酒は『黒龍酒造』の『いっちょらい』というもの。吟醸酒である。『いっちょらい』とは福井の方言であり『一張羅(いっちょうら)』を意味する。酒造好適米『五百万石』から醸される。飲み口は非常に良く、香りもフルーティで料理に良く合う。これを飲みながら〆鯖を食していると今さらながらm-kさんが口うるさい程日本酒と言っていた意味がよく分かった。
DSCF5676.jpg

う~ん幸せである(笑)それはメンバー全員がそうであったに違いない。旨い料理、美味しいお酒を飲む事が好きなメンバーだけに料理にひたすら感動し、酒をひたすら飲んでいるという感じだった。普段はアキラ氏も日本酒は飲まない方だがこの料理の旨さに飲まずに居られなくなったらしく、彼は彼で日本酒を注文していた。m-kさんは日本酒が強い事は言うまでも無い事だが、eさんもかなり飲む(笑)みんな程よく酔って来たようだ。やっぱり日本で穫れたものには日本酒が良く合う。日本人で良かった・・・としみじみ思う伊蔵であった。
kokujyunmai.jpg

こちらはm-kさんが飲んでいた日本酒『黒龍酒造 黒龍純米吟醸』である。同じく『五百万石』を使用していて米と米麹のみで醸す。米本来の旨味が味わえると人気のお酒である。特に魚料理との相性は抜群だ。伊蔵も少し分けて貰い飲んでみたが『いっちょらい』とは違い少々辛口のお酒のようであった。しかし飲みにくいという事は決して無く程よい辛さで口当りもいいのでどんどん飲める(この口当りがいいという所が日本酒の怖いところなのだが・笑)

夜の宴はまだまだつづくのだが、次に出て来た料理を紹介する前にここで一旦筆を置く事にする。その料理は伊蔵は耳にした事がなかったので試しに注文してみた品なのだがこれが驚くほど美味しかったのだ。次回この品について細かくレポしようと思う。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/299-cdb362c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

m-k観光主催『越前・福井の旅』その17/福井の夜の宴3 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の桜だより

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。