2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m-k観光主催『越前・福井の旅』その20/福井の夜の宴6

福井の旅レポも遂に大台、20回を数える事になってしまいました・・。今回は『福井の夜の宴』の最終回です。
DSCF5690.jpg

この品は『海老のすり身竹の子挟み揚げ』。まさにその名の通り“海の幸”と“山の幸”のコラボレーション。西に日本海をひかえ、東に山地を持つ福井県ならではの料理といえるだろう。竹の子も柔らかく、かといって程よい歯応えが楽しめるし海老のすり身も甘味があり素直に美味しい一品だ。
DSCF5692.jpg

こちらのサラダもサッパリしていて日本酒に酔っぱらった我々の火照った身体にとても優しい一品であった。半熟玉子を箸で割りサラダに搦めて頂いた。
DSCF5693.jpg

これは『つくね芋のピンピン焼き』という一品。“つくね芋”とは山芋の一種。ずんぐりむっくり個性的な形をしている芋で、すり下ろすとキメが細かく餅の様な粘り気がある。栽培にはかなり手間がかかるそうで高級食材なのだという。その弾力感、粘り気から磯部焼きにしたり、お好み焼き風にして食べると美味しい。美味しいだけでなく健康にも大変よい一品だ。『おととや』さんで出されたこの品もお好み焼き風でモチモチとした食感が嬉しかった。
DSCF5695.jpg

こちらは『カレイの唐揚げ』。伊蔵の家ではカレイというと“煮付け”であったがこのカレイという魚は刺身や焼き物にしてもすこぶる美味しい。こちらの唐揚げも非常に美味しかった。白身の魚はこれだからやめられない。
DSCF5696.jpg

そして福井の夜の宴、最後のメニュー『焼飯』(笑)ここまで日本酒と一品料理を延々と味わってきた我々は御飯が食べたくなったのだ。う~んやはり〆は飯だなあ。今日は本当に十分に飲み、食べた夜だった・・・。
DSCF5697.jpg

今夜ほど日本酒を旨く飲めた事はなかった。これは旅先でであった食材の新鮮さ、料理の美味しさ、気のあったメンバー、いろいろな要素が重なり合っての事だろう。改めて酒の美味しい飲み方を再確認した夜であった。またこの『おととや』さんを紹介して下さったm-kさんにお礼を申さねばなるまい。かつ『おととや』さんにも感謝せねば。美味しいお料理御馳走様でした。
DSCF5797.jpg

大満足で『おととや』さんを後にしたほろ酔いメンバーy四名はタクシーで宿のある夜の福井市街中心部へと向ったのだった。<つづく>

●『おととや』
・住所:〒910-0017 福井県福井市文京5丁目17-3
第一ハマヤスビル1F
・電話番号:0776-29-7022
・営業時間:17:00~24:00(23:30ラストオーダー)
・定休日:毎週月曜日
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/304-c5684236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『魔界への誘い』 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の桜だより・2

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。