2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m-k観光主催『越前・福井の旅』その21/“ずぼ”の話

『おととや』さんで美味しい日本酒と料理を思う存分に堪能した我々四名は福井市街中心部にあるホテルへ帰る為、タクシーを停めた。その時のタクシーの運転手から興味深い話を伺う事が出来た。そもそも最初タクシーに乗り込んだ時に、

・我々メンバー:『う~んやはり福井の海の幸は旨いもんですなぁ~』
・タクシー運ちゃん:『そりゃ~今の時期は何でも美味しいよ』

てな話から始まった。『蟹は食べたんかい??』と運ちゃんは聞いてきたがm-kさんの予定だと蟹を食するのは明日、越前海岸沿いのお店で食べる事になっていた。運ちゃんは福井に来たら越前がにを食べたりお土産にするのもいいが、何分高価な品なのでそれよりも安くて美味しい“ずぼ”の方がいいという情報を教えてくれた。
zubo.jpg

“ずぼ”とは『すぼがに(水がに)』といって脱皮したばかりの越前がにの事を指す。地元の人達からは“ずぼ”“すぼがに”と呼ばれて親しまれており、また味の方も申し分無くみずみずしく甘い。殻から身がズボッとはがれる事から前述の様に呼ばれている蟹である。脱皮したばかりという事で殻も柔らかくて割りやすく食べやすい。福井県外へはほとんど販売されない為に地元の人達だけがその味を楽しんでいる蟹だ。

『越前海岸沿いを走って帰るんなら、「梅浦(うめうら)」ちゅうとこで手に入るよ』

と運ちゃんは親切に教えてくれた。酔っぱらった脳味噌に運ちゃんからの情報をインプットしつつ我々はホテルへと帰って来たのだった。
DSCF5759.jpg

部屋へと戻ったアキラ氏と伊蔵、酔っぱらった上の入浴は身体に決して良く無いがは大浴場へ。結果ホカホカに火照ってしまいドッと疲れが出て来て就寝・・・。長い様な短い一日だったが楽しく内容の濃い一日だった事は間違いない。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/306-8f1f14c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

びゅ~てぃふるさんで~ «  | BLOG TOP |  » 『魔界への誘い』

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。