2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びゅ~てぃふるさんで~

先週、東海地方各地で桜が綺麗に開花。
伊蔵も昼休みや会社帰りなどを利用し歩きながらも“花見”を楽しんだ。そんな中アキラ氏と伊蔵に対し、オネエことm-kさんより『お花見』のお誘いがあった。決行日は4月1日の日曜日つまり“エイプリルフール花見”という事となる(笑)場所は『東山動植物園』だ。伊蔵は知らなかったが『東山動植物園』は名古屋市内でも桜の本数が最も多いのだ。もうひとつ花見開催の場所として当地が選ばれた理由はm-kさんが意外にも“動物好きだから”だという理由による。

前日の土曜日は天気が曇りがちで今にも雨が降り出しそうな様相だった。これは予定通り花見を行なうのは無理ではないか・・・と思いm-kさんに確認をとり取りあえず当日の天候を待ってみようという事に落ち着いたのだ。

そして当日、快晴とはいかないが天気は持ちそうだという事で計画通り花見は決行されることになった。現地に正午に集合とm-kさんより連絡があった時点で遠方の伊蔵は家をアタフタ出発する事に(笑)名鉄、地下鉄を乗り継ぎギリギリで現地『東山公園駅』に辿り着いた。本日の花見に際してはm-kさんがオカズのみは作ってくれるという事だったので、伊蔵は東山公園駅の近くにあるスーパーにて握り飯等を用意しようと思っていたのだが、多くの花見客が殺到した為、御飯物が全く見当たらない・・・。

仕方なくパック物の寿司を二パック、御茶を三つ購入。スーパーを出たところで集合時間の正午となった。程なく全員が合流となり天気が持って良かったと言い合いつつ東山公園正門へと向って歩いていったのである。正門の脇の桜も綺麗に開花しており、絶好の花見日和となった。
70.jpg

『東山動植物園』では現在『東山動植物園開園70周年記念事業』が開かれており様々なイベントが行なわれている。花見客も手伝ってこの日曜日の人出はかなり多いようだ。
DSCF5849.jpg

自称“晴れ女”のm-kさんだが、福井の旅の時の北国とは思えない暖かさといい、快晴とはいかないが今日の天候といいこれは伊蔵も認めざるをえない。
DSCF5847.jpg

東山動植物園に訪れたのは何年振りだろうか・・。確かここにコアラが来た時以来ではなかろうか。随分と時が流れたものだ。心なしか動物園自体も狭く感じるから不思議だ。m-kさん、アキラ氏、伊蔵の三名は取りあえず飯を食せる場所を確保すべく園内を歩き回っていたが桜の木の下は勿論、大概の場所は人間で埋まっていた。しかもこの人出でかなり歩き難い・・。伊蔵などは前を塞がれ歩くペースを乱されるのが最も嫌いなのである(笑)
DSCF5848.jpg

しかし桜の開花状況は申し分無かった。少しくらい早いかなと思ったがほとんど満開に近いくらいに花が開いている。中央休憩所近くの広場の脇で手頃な場所を見つけて我々は座りランチタイムとなった。おもむろにm-kさんが玉手箱(重箱)取り出したっ!箱を開けた途端に白煙に包まれアキラ氏と伊蔵は“老人化”すると思ったが、もともと二人ともオッサンなのでそのような現象は起こらなかった(笑)
DSCF5846.jpg

おおお!重箱の中にはとても美味しそうな世界が広がっていたのである。“弁当界の四大文明”といってよい食材が綺麗に並んでいた。久しくこのような手作り弁当を拝んだ事が無い伊蔵は素直に感動していたのである・・・

西北方面に『ニラ入りの玉子焼き』、北東方面に『ヒジキ』、南東方面に『カニカマ入りサラダ』、南西方面に『鳥の唐揚げm-kアレンジ』という鉄壁の布陣(笑)うまそうなこと山の如しである。伊蔵は中でも好物であるニラ入りの玉子焼き方面に箸をまず入れた。ニラ特有の硫化アリルの香りと甘い玉子の組み合わせは中華風でとても美味しかった。全ての食材とも簡単に作ったとm-kさんは言っていたがこういう場で食べると旨さも倍増するのかそれぞれが美味しかった。なかなかやるなm-kさん!ごっつっあんでした☆

こうなってくると貧弱なのが伊蔵がスーパーで購入したパック寿司である・・・。どう考えても流れ作業で作られ、全く作り手の感情がこもっていないパック弁当独特の悲しい性というものが垣間見えて、とてもではないが手作り弁当にはかなわない。完敗である(笑)
DSCF5850.jpg

そんな敗北感に打ちひしがれていた伊蔵をアシカの群れが慰めてくれた(画像クリック)アシカ達はこのポカポカ陽気にとても気持ち良さそうに岩の上でゴロンゴロンと群れで寝転がっていて世の中の全ての災い事など全然気にしていないような平和な表情をしていた。思わず伊蔵も和んでしまい、ありがとうっ!アシカ君!と心の中で礼を言ったのだ(笑)
DSCF5852.jpg

一般的に『ラクダ』といえば“月”と“砂漠”だが今日ばかりは『桜とラクダ』の組み合わせなのである(笑)何か割り切れない風景ではあるが・・
DSCF5872.jpg

この他にも様々な動物を見て回った我々だが特にm-kさんに好評だったのが“夜行性の小動物”である。m-kさんが小さい動物に興味があるという事は知らなかった為、これは新しい発見であった。今日のメンバーも全員“夜行性”なのが何だか笑える。

『東山動植物園』での花見を終えた我々は大須へ地下鉄で向かい、大須の商店街を散策した。大須の路地裏にも桜が何本か植っていた。
DSCF5874.jpg

こちらの桜もその一本でほぼ満開だった。下の方に“手”が“開花”しているが(笑)ちなみにこれはm-kさんの手である。
DSCF5879.jpg

グルリと大須商店街を周り、〆として『とりとり亭』で夕食。
DSCF5880.jpg

今回もとりとり亭の焼き鳥は旨かった・・・明日からまた仕事がんばろ(笑)そんな気持ちにさせてくれる味であった。そして本当に天候に恵まれた楽しい日曜の花見であった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/307-1481ed96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

m-k観光主催『越前・福井の旅』その22/二日目、日本海へ «  | BLOG TOP |  » m-k観光主催『越前・福井の旅』その21/“ずぼ”の話

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。