2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m-k観光主催『越前・福井の旅』その26/越前温泉日本海

『やまふじ』さんで美味しい越前がにを堪能し満足した我々は国道を挟んで向かい側にある『越前温泉露天風呂 日本海』でこの旅最後の温泉を楽しむ事に。
DSCF5724.jpg

この『露天風呂 日本海』はその名の通り日本海に面している越前町営の天然温泉施設で湯舟からゆっくり雄大な海を眺めながらリラックスする事が出来る。泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性温泉)で効能は神経痛、筋肉痛、関節痛をはじめ打ち身や冷え性、疲労回復などに効果があるようだ。入泉料は500円。
DSCF5940.jpg

早速浴室へと入ってみると、手前に内湯が一つガラス窓を隔てて外に露天風呂が一つ。そんなに規模は大きい方ではない。しかし客が思っていた程多くなくゆっくりと浸かれた。特にウリである越前海岸を眺めながらの露天風呂は良かった。しかし湯舟と海との間はコンクリート製の防波堤がある為、実は結構離れている。遠くを眺めながらの景色は良いのだが近くを見ると少しガッカリする。どうしても防波堤が目に入ってしまうからだ。逆に夕方か、夜に入った方がいいのかもしれないと思った。

お湯の方は黄緑色に濁っていてヌメリ感がある。伊蔵はしばらく湯に浸かっていたがそのうちに身体がポカポカと火照って来てしまい(天候が暖かかったのも手伝って)茹だってしまいそうになってしまった。これでは先程食べた蟹と同じである(笑)
DSCF5941.jpg

入浴後、伊蔵は茹で蟹のようになってしまい脱衣所に備え付けられていた扇風機に向かって『う゛ぁ~~~~~』っと必要以上に火照った身体を冷却したのだった(笑)
nihonkai.jpg

アキラ氏と脱衣所を出るとすでにm-kさん、eさんが畳敷きの休憩所で寛いでいた。本当に温泉好きな人達である(笑)クルマに乗り込んだ我々は再び国道305号線を南下しはじめた。目指すは一路『敦賀(つるが)』である。今回の『越前・福井の旅』もようやく終わりに近づいてきた。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/314-0690050a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

m-k観光主催『越前・福井の旅』その27/敦賀について «  | BLOG TOP |  » m-k観光主催『越前・福井の旅』その25/無言の昼飯

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。