2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜散策編/その10・汽車道~赤レンガ倉庫

伊蔵は昨年に引き続きだが草加君はどうやら昨年横浜に来た時に汽車道から赤レンガ倉庫へ至る道を歩いていなかったらしく今回是非歩いてみたいという事で、伊蔵が道案内の役目をする事となった。
DSCF6078.jpg

今日の汽車道はかなり人で混み合っていた。ほとんどの人達が『みなとみらい地区』からこの汽車道を歩いて『赤レンガ倉庫』へ向かう。海の上を通る一本道で歩くにもとても気持ちが良い。眺めも良く、みなとみらいの高層ビルやよこはまコスモワールドのアミューズメント施設、横浜ワールドポーターズの商業施設等が一望出来る。
DSCF6079.jpg

上の画像の様な観光船やシーバス等も多く運行していて流石に港町横浜を思わせる光景がそこかしこに見られる。汽車道沿いも綺麗に整備されており、芝生の上で昼寝する人、木陰で座り遠くの景色をボ~っと眺める人々、釣りをする人等がいて大港湾都市のど真中とは思えないようなまったりとした空間がそこにはあった。
DSCF6082.jpg

港湾内には巨大な『屋形船』も停泊していた。
実を言うと伊蔵は『屋形船』に乗るのが夢だ(笑)お酒を飲んだり食事をしたりする場が船であり刻々と移り行く川面の景色を楽しみながら飲むというこの雰囲気が何ともいえない。ちょっとした大きさの和室宴会場がそのまま移動して行くのである。伊蔵的に言えばもっと規模は小さくてもいい様に思う。漫画家『松本零士』風に、

『大四畳半大屋形船』

みたいなのがないものだろうか・・(笑)四畳半くらいの広さの屋形船があってもいい。日本建築の究極のカタチである『茶室』のような広さの『個室屋形船』も何だかいいなぁ。伊蔵の屋形船妄想は膨らむばかりである。
DSCF6081.jpg

屋形船の停泊場所から南の方面を見ると『万国橋』が見える。馬車道へと繋がる万国橋通りが橋の上を通っている。アーチが特徴的な橋だ。
DSCF6080.jpg

前方にホテルナビオス横浜の四角いゲートが見えて来た。
DSCF6085.jpg

ホテルナビオス横浜のビルに開けられた大きなゲートには何匹もの鯉のぼりが吊られて泳いでいた。壮観だ(笑)草加君もカメラ撮影に忙しい。ゲートをくぐると万国橋通りがあり、道を横断すれば『赤レンガ倉庫』はもう目の前だ。
DSCF6086.jpg

DSCF6088.jpg

『赤レンガ倉庫パーク』は一見人出は少ない様に見えたが実は赤レンガ倉庫内部のショップやレストランはかなりの混み様なのである。外はそれほど日射しが強く暑かった。草加君と伊蔵は横浜湾を望む岸壁の方へと進んで行った。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/344-57005f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜散策編/その11・『北』から来た船 «  | BLOG TOP |  » 某所にて友人と飲む

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。