2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後の龍

先日の日曜日、大河ドラマ『風林火山』において越後の戦国武将として知られる『長尾景虎(ながおかげとら)』(後の上杉謙信)がやっと登場した。演じるのは『Gackt(ガクト)』である。ほんの数カットのみの初登場であった。感想は・・・う~~ん・・という感じ。一言でいうなら“格好良過ぎて何だかなぁ”って感じなんである。
Kenshin.jpg

上の肖像画とは似ても似つかない長身で美形の『越後の龍』であった。戦国武将というよりどう見ても西洋の騎士か白馬に乗った王子のような印象。伊蔵にはちょっとアンバランスに感じられた。謙信は『毘沙門天の化身』を自ら名乗ったがとてもそうには見え無かった・・・。確かに“上杉謙信女説”はあるが。まぁこれからの『Gackt』の演技に注目しよう。

それにつけても山本勘助役の内野聖陽さんは渋いし演技が巧い。板垣信方役の千葉真一さんも渋過ぎる。駿河今川家の軍師、雪斎役の伊武雅刀さんも何が良いって声が良い(笑)

とにかく『越後の龍』の登場でドラマも佳境の入口に入った感がある大河ドラマ『風林火山』。これからのドラマ展開に伊蔵の期待は“山の如し”である。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/352-51b57a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

苦味を楽しむ «  | BLOG TOP |  » 萬月を読む

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。