2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ見ぬ友からの贈り物

伊蔵の友人の草加君がお盆休みを利用して今年も『北海道ソロツーリング』へと出かけた。彼はいつも名古屋港から出航する『太平洋フェリー』にバイクを乗せ北海道へと上陸する。名古屋港から仙台港経由で北海道の苫小牧港に到着するという船旅である。その距離1,330km、所要時間38時間45分だ。

宮城県には『BARギコONLINE』で知り合ったメンバーの一人『龍(マスター)』(以後マスターと呼ぶ)が居る。今年も草加君は北海道への船旅の帰りに仙台港へ寄港するわずかな時間を利用してにマスターに会う事になっていた。以前にも草加君は同じ方法でマスターと会見する事に成功している。伊蔵はマスターとはネット上で話をした事はあるものの実際に会った事はない。昨年関東でのOFF会開催時に会う予定だったが悪天候によってマスターが関東に出て来る事が不可能になって以来会う機会に恵まれずにいる状態だ。

狭い日本といっても東北地方と東海地方ではやはり距離が離れておりなかなか頻繁に会うことは出来ない。出向こうと思うとやはり長期の休みが取れるお盆休みくらいしかないであろう。

北海道へとツーリングに出かけていた草加君が無事に戻りその報告会をかねて先日会う機会があった。草加君がマスターから伊蔵への贈り物を預かっているのだという。マスターには以前にも贈り物を頂いている。まだ見ぬ遠い友から贈り物を頂けるのは不思議な気分でもありとても嬉しい事でもある。そしてその晩受け取った贈り物の数々は、
DSCF6671.jpg
鹿児島県の大隅半島にある白玉醸造合名会社の本格芋焼酎『魔王』。焼酎好きな伊蔵という事をマスターは良く知っているのだ。以前は薩摩白波を送ってもらった事を思い出した(笑)

この『魔王』を造っている白玉醸造合名会社は明治37年(1904年)の創業。この不思議な名称は天使を誘惑し魔界への最高のお酒を調達する悪魔たちによってもたらされた特別のお酒という意味で命名されたという。この白玉醸造で造られる焼酎の銘柄はこのようにちょっと変わったネーミングが多い(笑)他にも『白玉の露』『元老院』や『天誅』などの銘柄が存在する。
DSCF6676.jpg
次に『寒磯のり』。マスターの地元三陸の名産品だ。三陸の荒海の中、岩に付いた海苔をひとつひとつ手で摘み乾燥させたもの。そのまま熱々の味噌汁に入れたり吸い物の具としてまたお酒の肴として食べるのも美味しい。伊蔵は多分ラーメンに入れて食べるだろう(笑)こういう地の贈り物は非常に嬉しい。
DSCF6678.jpg
そして『くじらの大和煮』。こいつも美味しそうだ!熱々の白い御飯が何杯も食べれそうだ。鯨肉は昔は頻繁に食べた思い出があるが最近は貴重品だけになかなか食べる機会がない。懐かしい味を堪能させて頂く事にしよう。
DSCF6679.jpg
以上がマスターが伊蔵の為に送ってくれた『贈り物』だった。マスター有り難う!美味しく食べ飲みます(笑)食べる模様はまた別の機会に報告したいと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/394-84cbe5fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ノドクロ』を食べる «  | BLOG TOP |  » 打ち上げの酒宴/その5

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。