2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どてっとな!

普段の伊蔵のランチは“仕出し弁当”なのだがこの日はチト違った。
昼間から名古屋名物の『どて』を食べに行ったのである。

『どて』とは牛のスジ肉や串カツや玉子、大根等を『八丁味噌(岡崎市が発祥の味噌)』で柔らかくなるまで煮込んだ名古屋独自の料理の事。名古屋人にはタマラナイ食べ物のひとつである。この日はたまたまm-kさんの仕事で昼までに届けなければならない“ブツ”があり届けついでに一緒にランチでもという事になったのだ。前からm-kさんには『どて』の美味しい店があるという事を聞いていた伊蔵は食べるならそこにしようと考えていたのである。出かけたその店の名は・・・
shimashyou.jpg
『どて焼きの島正』さん。創業は昭和24年というから約60年近くの歴史がある老舗だ。最初は『きむらや』の屋号でお店を出していたらしいがお店の近くにある『御園座』で公演を終えた新国劇俳優島田正吾氏がこの店をいたく気に入り名古屋で公演がある度に足を運んだ。いつしかこれが店の評判になり島田氏の了解を得て名前の二文字を店の屋号として頂戴し『島正』と改めたのだという。

m-kさんの先導で『島正』さんの店先までやって来た。かなり小さい店で間口もかなり狭い。ガラリと入口を開けると席はカウンターのみ。ふんわりと味噌の香りが店内を包んでいる。入口を入ってすぐの席にm-kさんと伊蔵は座った。そこしか空いていなかったのだ。伊蔵的に『どて』は“夜食べる物”というイメージが強かったのだがお昼にこれだけお客さんが入っていて満席に近いこの状態を見て「これが普通なんだな・・」と割り切る事に(笑)そして注文した品は以下の通り。

●どてめし・・・750円也
●カツめし・・・750円也

この二品それぞれを半分ずつ食べるという事に決定!
(勿論この決定の全権はm-kさんなのだが)
070828_120628.jpg
これが『どてめし』。
この時デジカメを伊蔵はあろう事か忘れてしまったので携帯のカメラで仕方なく撮影。画質が悪いのはどうか許されたい・・・。
070828_120648.jpg
そしてこちらが『カツめし』。
二品ともたっぷりと八丁味噌がかけられていて味噌にまみれた玉子が何とも美味しそう。この丼の他、味噌汁と惣菜三品が付く。伊蔵は最初に『カツめし』の方を食べ始めた。棒状のカツは味噌と一緒に食べるととても甘くて美味しい。カツと御飯の間には細かく微塵切りにされたキャベツが敷き詰められていた。絶品なのが玉子!白身を崩すと半熟の黄身がトロ~リと味噌の上に流れ出す。黄色と茶色の魅惑的な融合・・・この黄身と味噌が味覚的にまた合うのだ。でらうみゃ~でかんわ(笑)

旨さに夢中で『カツめし』をガツガツ食べてしまった伊蔵。半分以上食べかけた時にm-kさんが目ざとくストップをかけて来た!m-kさんの『どてめし』にチェンジだ!こちらも大満足の品で特にいいのが牛スジ肉。とことんまで味噌と一緒に煮込んである為かタルンタルンに柔らかい。一緒に入っていたこんにゃくと同じくらい柔らかいのである。久しぶりに名古屋の名物の神髄を見て食べた気がした。

丼物がこれくらい美味しいのなら『おでん』もさらに美味しい事だろう。是非『大根』が食べてみたい気分になってしまう。『島正』さんではどて、おでんの他に常連さんが考案したというどてめしにオムレツをのせた『味噌オムライス』もあるようだ。こちらもとても美味しそうだ・・・。m-kさんが旨いというだけある『どて』の店であったのは確かだが少々満腹になり過ぎた感のあるランチタイムであった。ゲップ・・・


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/396-e1bbac29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の読書/その4 «  | BLOG TOP |  » 『ノドクロ』を食べる

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。