2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多治見日帰り『麺の旅』/その2・ラーメンともえ 前編

伊蔵はJR多治見駅のホームに降り立ち足早に改札口へと向かった。自動改札口を出る手前で見覚えのある顔が飛び込んで来た。たいがぁ氏である。その後には草加君、takeさんの姿も見えた。アキラ氏は駅前に停めたクルマの中にいるようだった。

驚くべき事にこの悪天候の中をtakeさんは愛車スーパーカブ90カスタムで名古屋からやって来たという。まさにサムライダーだ(笑)草加君はセローでの多治見入りを断念しクルマで瀬戸方面経由で多治見に来ていた。たいがぁ氏は雨天時だった場合の計画通り、アキラ氏に鉄道駅まで出向いてもらい合流一緒に多治見入りしていた。取り合えず無事に多治見に着いた“ゴレンジャー”であった。

さて今回最初に訪れるお店の名は『ラーメンともえ』さん。
多治見市にはラーメン好きの間で有名どころとして真っ先に挙げられるラーメン屋さんは『大石家(おおいしや)』さんでありこれは知っていたが『ラーメンともえ』さんの存在は全く知らなかった。数あるラーメンブログやラーメン好きのHPでもこの『ラーメンともえ』さんを取り上げているものは少ない。たまたま伊蔵があるブログでこのラーメン屋さんの紹介がされているのを発見し安くて旨いと評判のこの店にいつか行ってみたいとtakeさんと画策していたのである。

草加君のクルマに伊蔵、アキラ氏のクルマにたいがぁ氏、そしてカブにtakeさんという形でJR多治見駅を出発した“ゴレンジャー”、一路『ラーメンともえ』さんへと向ったのであった。『ラーメンともえ』さんは伊蔵が多治見に来る際に使った太多線の『根本駅』のすぐ近く田んぼの真ん中の民家の一画にある。
DSCF6745.jpg
なぜこの様な場所にラーメン屋が!?って感じの場所に存在するのである。お店を出すならば商店街や駅前など人の往来が多い場所を選択するだろう。その法則に反して『ともえ』さんは営業しているのだ。店構えはかなり小さい。しかしこの規模で営業出来るひとつの理由としてインターネット上に立派なホームページを開設しておりネット通販でラーメンを販売している事などが挙げられる。ネット通販ではかなり遠方の方からの注文もあるようで上の画像の店構えからは想像出来ないほどサイバービジネスを行なっているお店なのである。

もう一つこのお店を有名にしている訳は『多治見麺』の存在であろう。
簡単に特徴を言うと“ストレートの細麺で小麦の味わいが感じられる麺”なのだが、かなりこだわって製麺所にお願いして作ってもらっている麺なのだという。いつしかこのこだわりの麺に『多治見麺』という名が付けられて評判になったらしい。

開店は午前11時からだったので我々が着いた時は時間的に丁度よかった。本日最初のお客の称号を受ける栄誉を我々は得たわけである。駐車場というには狭すぎるスペースにクルマを停め、陽に当たって赤さが色褪せた“麺”という一字が白抜きになっている暖簾をくぐり我々は店内に入った。
DSCF6781.jpg
『ラーメンともえ』さんの店内の配置はざっと上のイラストの通りである。店の外見から感じられる古臭さは店内には無い。こじんまりしているが非常に清潔で綺麗にされている。入口を入るとL字のカウンター席が並ぶ。奥は厨房。カウンター最奥部の天井近くにテレビ、脇にはトイレといった配置だ。

めいめいカウンター席へと腰を落ち着けると奥の厨房からお店の名前にもなっている“ともえさん”だろうかおばさんが姿を現わした。我々はお品書きへと目を向けたのだった。<つづく>

◆『伊蔵通信』の読者の皆様へ◆
今回の記事の更新で『伊蔵通信』もお蔭様で400回を迎える事が出来ました。これもひとえに“ネタ投下”して下さる読者の方々や大切な友人達のお蔭と思ってます。有り難うございます。これからも頑張って更新していきますので応援宜しくお願い致します。

2007年(平成19年)9月17日(月)午前1:05 伊蔵
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/404-4760bb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

多治見日帰り『麺の旅』/その3・ラーメンともえ 後編 «  | BLOG TOP |  » 多治見日帰り『麺の旅』/その1・序章

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。