2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多治見日帰り『麺の旅』/その3・ラーメンともえ 後編

我々5人はカウンターの上に置かれてあるお品書きを注視した。
DSCF6740.jpg
ラーメンは以下の三種類。
●醤油ラーメン並・・・・400円
●カレーラーメン並・・・500円
●ピリ辛ラーメン並・・・400円
これら『並』にはチャーシューが二つトッピングされているが上記価格に200円をプラスして“チャーシュー麺”をチョイスする事が可能だ。さらにそれぞれ100円プラスで大盛に出来る。ラーメンの他、ライス小50円・大100円も注文出来る。ビールは450円。非常に分かりやすくシンプルなメニューだ。

草加君とたいがぁ氏と醤油ラーメン、takeさん、アキラ氏はカレーラーメン、伊蔵はカレーチャーシューを注文した。初めて訪れるラーメン屋さんでは醤油を注文するのが常識というところであろうがここ『ラーメンともえ』さんではカレーラーメンが評判らしいので伊蔵はこちらの品を選ばせて頂いた。いつものたいがぁ氏であればチャーシュー麺をチョイスするのだが次の店での食事の事を考えて普通の並を頼んだようだ(笑)
syouyunami.jpg
少々時間は掛かったものの(ともえさんが独りで切盛りしているので仕方が無い)まずは醤油ラーメンが運ばれて来た。澄んだ綺麗な醤油のスープに細麺、葱にメンマ、チャーシューが乗っている。コッテリゴテゴテした現代風のラーメンではなくいかにも“正統派”のラーメンを感じさせる一品だ。しかも400円という安さにもかかわらず丼の大きさ深さもかなりあり大盛りにしなくても並で十分のボリュームを持っている。

『ズルッズルズル・・・』

たいがぁ氏が旨そうに醤油ラーメンを口へと運んだ。あっさりしていて美味しいらしい。彼は若かりし頃は数々のラーメンを制してきた経験の持ち主であるが最近歳を重ねる毎にあっさりした味を求める様になって来たようだ。歳のせいもあるだろうが自転車で遠くに行く趣味を持ってから“体質”にも変化が現れコッテリした食事を受付なくなって来た事も大きな原因だろう。たいがぁ氏の食いっぷりを見つつ注文した品を待っていると、
DSCF6741.jpg
ついに現れた!『カレーチャーシュー麺』。店内にカレー風味の香りが広がる・・・。見た目もとても美味しそうだ。こういったラーメン屋さんで“カレーラーメン”を食べる経験は伊蔵は初めてだった。食べた経験があるとすれば、
kere-nudoru.jpg
『日清食品カップヌードル』のカレー味しかない(笑)このカレーヌードルは確かに美味しいのだがスープを全て飲むには後半少々くどくなってしまい伊蔵は飲めないのだ。余談だが伊蔵がカップヌードルシリーズで好きなものはスタンダードな『醤油味』か『シーフードヌードル』である。
DSCF6742.jpg
さて『ラーメンともえ』さんで人気のメニューである『カレーラーメン』に話を戻そう。まずこのカレー風味のスープが非常に美味しい。口に入れてすぐは辛さを感じないが一口二口とスープを飲み進める内に後からジワジワ辛さが身体の中から立ち上って来るという感じで十分スパイシーさがある。ホームページによるとこの辛さは数種類のスパイスをブレンドして出しているとの事。スープ自体も“カレーうどん”によく見られる様なトロ味というものは無く普通の飲みやすいスープになっている。

このカレースープに浮かぶチャーシューも柔らかくて美味しい。カレースープとの相性も抜群だ!メンマも分厚くてシャキシャキとした食感と風味があって美味しく頂ける。細麺は最初少し柔らかいかな?と思ったが食べ進める内に気にならなくなった。確かにこの『多治見麺』、口の中に入れて咀嚼していると独特の風味が感じられた。伊蔵が心配していたカレースープのくどさも全くなく飲み進める内に病み付きになり辞められなくなってしまった(笑)
DSCF6744.jpg
そして見事完食!!『御馳走様でした!』う~ん流石にオススメのメニューだけの事はある美味しいカレーラーメンであった・・・。満足満足!こうなってくるとメニューにある『ピリ辛ラーメン』も非常に気になるところだがこれは別の機会に頂く事にしようと思う。
DSCF6743.jpg
takeさんはお持ち帰り用のラーメンを注文していた。このお持ち帰り品は醤油ラーメンのみで3食入り・5食入りから6食以上の注文も受け付けてくれる。takeさんは3食入りをチョイスしたようだ。

我々が食事を済ませ店内を後にしようとする時間(ちょうど正午前くらい)になってお客さんが何名か店内に入って来た。ご近所のお客さんなのかはたまた遠方からわざわざみえたお客さんなのかは分からなかったが、お店の立地からしてこれだけのお客さんが訪れる事自体が驚きだ。
DSCF6746.jpg
お店の規模は小さいながらも美味しいラーメンを頂けた幸せを胸に我々は満足してお店を後にしたのだった。『ラーメンともえ』さん御馳走様でした!!


◆『ラーメンともえ』
・住所/507-0064 岐阜県多治見市北丘町1-6
・営業時間/11:00~18:00
・定休日/毎週木曜日
・アクセス/中央自動車道多治見ICを降りて可児方面へ10分。JR太多線『根本駅』すぐ。
・ホームページ/http://business2.plala.or.jp/tomoe/index.htm

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/405-de20d74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

多治見日帰り『麺の旅』/その4・街の中の秘湯 前編 «  | BLOG TOP |  » 多治見日帰り『麺の旅』/その2・ラーメンともえ 前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。