2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東から友人がやって来た!

先日『BarギコONLINE』の友人である関東の『斜さん』が大阪に向かう途上、名古屋のtakeさんの店に立ち寄ってくれた。伊蔵は彼に過去二度横浜で行なわれたオフ会で顔を合わせているが名古屋でお会いするのは初めて。takeさんは『BarギコONLINE』ではネットを通じて話をしばしばしているが会うのは初めてである。

『斜さん』自身も関東の人なので滅多にこちらに足を運ぶ事も少なく今回名古屋に寄るのも初めてとの事。takeさんと伊蔵はそんな彼の為に事前に様々な手を使いお店へのルートを示して差し上げた。当日は平日の晩という事もありメンバーの伊蔵と草加君は仕事の都合上、店には少しばかり遅れる事になってしまった。

結局伊蔵がtakeさんのお店に顔を出す事が出来たのは午後8時半頃。
ガラリと木戸を開けるとカウンターには懐かしい『斜さん』の顔が!無事に迷わずお店に辿り着いたようで一安心した。草加君はまだのようだ。

『よく来た!よく来てくれた!斜さん』

伊蔵は労いの言葉をかけ席へ座ろうとすると斜さんが関東土産をわざわざ持って来てくれた。
DSCF6835.jpg
おお!銀座たまやのリリースする『東京たまご ごまたまご』ではないか!!伊蔵は以前にこのごまたまごを食した事がありその美味しさに魅了された憶えがある。このごまたまごは黒胡麻ペーストと餡をスポンジ生地で包みさらにその外側をホワイトチョコレートでコーティングしてあるもので大変美味しい。食べると甘さと黒胡麻の香りがふんわり広がる。斜さんの話によるとこれまでの関東名物『ひよこ』『東京ばなな』と並び売れている品だという。

さて宴の始まりだ!takeさんも今夜はわざわざ関東からやって来てくれた斜さんの為にいろいろと料理の趣向を考え出してくれるようだ。
DSCF6828.jpg
メインは『河豚』であった!小振りだがかなりの数をtakeさんは仕込んだようだ。

『ど~だね斜君、伊蔵君!これで今夜は河豚鍋じゃ!』

いつになくtakeさんも力が入っていた。
DSCF6825.jpg
鍋には昆布でダシをとったスープの中に何匹かの河豚が投入されており下準備がすでに出来ていた。これを煮る事で河豚からエキスが出て極上の河豚鍋スープとなる。想像するだけで実に旨そうだ。

そして午後9時過ぎに草加君も合流。本格的な宴の始まりとなった。草加君も伊蔵も斜さんには是非この店に来てもらいたかっただけに喜びもひとしおだ。斜さん自身も初めて訪れるお店という事で出掛ける前はかなり緊張していたらしいのだが実際に来てからはゆっくり食べたり飲めたり出来るこの店の雰囲気にすっかり安心しこのひとときを楽しんでいるようだった。
DSCF6826.jpg
takeさんが河豚を使った料理を開始!まずは『河豚ねぎま』。ねぎまは鶏肉と相場が決まっているがそんな既成概念というものはtakeさんの料理にはない。美味しく食べる事が出来れば組み合わせはどう変化しても構わないのだ。網の上でじわじわと焼かれていく『河豚ねぎま』を眺めながら

『実に贅沢ですね・・・』

と斜さんは感嘆の言葉と溜息をついていた。目の前で贅沢な食材が料理に変化していく過程を眺める事は実に良い。斜さんもこの点はとても喜んでいて紹介した草加君と伊蔵もとても嬉しかった。
DSCF6827.jpg
そして焼き上がった『河豚ねぎま』!適度に焦げ目が付いた甘い葱の間に純白の河豚の身!口に運べばそのホクホクプルプルの感触が味わえる。しかもしっかりと歯応えもあって美味しい!

『実に旨いですね・・・』

解説者の様な口調で斜さんは出される料理の度に感動していた(笑)エビスビールも次々と空になっていく。
DSCF6829.jpg
これはビールのツマミに最高な『桜海老とニラのチヂミ』。ザックリと大きめに切られたニラと桜海老をふんだんに使ったピリ辛風味のチヂミだ。この辛味は酢・醤油・ヤンニンジャンで作られたタレ。
DSCF6594.jpg
『ヤンニンジャン』とは韓国辛味系調味料の事。韓国では『薬味醤油』の意味で醤油、コチュジャン、ごま油、ニンニク、唐辛子などを原材料として作られている発酵食品で様々な食材に利用出来る。かなり辛いがこいつがなかなかハマる。このヤンニンジャンで作られたタレをつけて焼かれた『桜海老とニラのチヂミ』が旨くないわけがない。パリッとした歯応えに加え中身はふっくらとニラと桜海老の香り。これに辛味がプラスされ嫌が上にもビールが進んでしまう(笑)
DSCF6830.jpg
これは今夜のメイン『河豚鍋』。シンプルにニラ、エノキなどの野菜を入れ火を入れる。鍋の季節には少々早いがせっかく斜さんがみえたのだ美味しい物を食べさせてやりたいというtakeさんの気持ちが詰まった鍋なのだ!ザクザクとしたニラとエノキの食感に柔らかい河豚のシンプルな甘味が嬉しい鍋であった。これらの具をみんなで突つく一時は本当に楽しい。一通りの具をやっつけると鍋の後の定番『雑炊』である!
DSCF6831.jpg
先程のニラ・エノキ・河豚から出たエキスがスープがホンノリ黄色味がかっている。そこへ御飯を投入!しばし煮る。
DSCF6832.jpg
しばらく煮たあと溶き玉子をトロ~リと回し入れる。うほほ~こりゃ~旨そうだ(笑)
DSCF6833.jpg
うは~~良い具合に!takeさんはここに刻み海苔を振りかけた!
DSCF6834.jpg
さぁ『河豚エキス雑炊』の完成だ!少々飲み過ぎた身体にこれ程優しい料理はない。ズズズッとすすれば身体はポカポカだ!斜さんもいつになくビールを飲み続けていた為(伊蔵が少々薦め過ぎた感があるが・・)この雑炊は嬉しかったに違い無い(笑)

以上で今夜の料理は〆となった。
この後斜さんとはお別れとなったのだが彼はこの店が気に入った為かお店でもう少し時間を過ごすようだ。彼と名古屋で一緒にtakeさんの店で飲み食べるという夢が実現出来て良かった。美味しい料理を用意してくれたtakeさん、関東からわざわざ出向いてくれた斜さん、忙しい仕事を片付けて駆け付けてくれた草加君には御礼を言わねばなるまい。ありがとう!



スポンサーサイト

● COMMENT ●

どもです!
さすが伊蔵さん、しっかり写真と記録がw
美味しかったなあ。そして楽しかった!
みなさんと会えた一時に感謝してますよー。
またやりましょう!

はるばる有り難う!

斜さん>>
先日ははるばる関東から名古屋まで出向いてくれて有り難うございました。とても楽しかったです。今度は関東を早めに出て名古屋見物が出来ると良いですね!またこちらにおいでの際は一緒に楽しく飲みましょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/414-8030082a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『荘川・郡上八幡』への旅/序章 «  | BLOG TOP |  » 秋の夜

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。