2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『荘川・郡上八幡』への旅/その12・蛇の目で早朝散歩

さて山小屋第二日目の朝。
DSCF6901.jpg
夜半からの雨は朝になっても依然降り続いていた。これはちょっと止みそうにない感じだ。伊蔵は午前6時過ぎに起床し朝の散歩に出掛ける事にした。伊蔵は持参した折畳み傘を用意しつつ出掛けようとしたのだがKさんが山小屋に常備している古風な蛇の目傘を貸してくれると言う。蛇の目傘をお借りして伊蔵は外に出た。
DSCF6902.jpg
和紙に油を塗り防水加工を施した蛇の目傘に雨が落ちる音がポツポツ・・・と鳴った。そんな風情のある雨音を聞きながら伊蔵は別荘地内を散歩した。雨が降っているせいもあるが非常に肌寒い。別荘地の建物は朝靄に包まれて全てが雨に濡れてテラテラと輝いていた。
DSCF6903.jpg
流石にこんな天候の日の早朝に散歩をする変わり者は伊蔵しかいない。誰一人歩いている人を見かける事はなかった。
DSCF6904.jpg
これからの季節を前に出番待ちの除雪車もこの雨のせいでどことなく寂し気に見えた。
DSCF6907.jpg
別荘地の下手にある清流も寒々とした光景を晒していた。このまま雨が止まなければtakeさんは残念がるだろうなぁ・・などと伊蔵は思っていた。雨の中のバイクでの走行ほど辛いものはない。この寒さではなおさらだ。最近みんなで出掛ける旅でtakeさんがバイクで同行する時は雨に祟られる確立がなぜか高いのだ。
DSCF6908.jpg
本日は日曜日。実は伊蔵は明日の月曜日も休みを取っていた。takeさんとKさん夫妻と伊蔵の四名で『郡上八幡』でもう一泊する為だ。雨が止めば荘川から郡上八幡までの道中はtakeさんにとって楽しいツーリングとなるだろうがこの調子では雨は降り続けるだろう。takeさんの気持ちを思うと心が痛んだ。

みんなはそろそろ起きているだろうか・・・
伊蔵はKさんの山小屋へと足を向けた。<つづく>




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/433-e691a4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『荘川・郡上八幡』への旅/その13・多過ぎる朝食そして出発 «  | BLOG TOP |  » 『荘川・郡上八幡』の旅/その11・一日の終わり

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。