2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の江戸巡り/その7・銀座を歩く

築地本願寺を後にした伊蔵は『晴海通り』を銀座方面へと向かって歩いた。このまま進めば有楽町、日比谷公園へと抜ける事が出来る。
DSCF7058.jpg
晴海通りを歩いていると右手に見えて来たものがある。『歌舞伎座』だ!伊蔵は初めて歌舞伎座の建物を見たが随分小さく感じた。これなら名古屋の『御園座』の方がでかくて立派だぞ?(笑)
DSCF7059.jpg
確かに規模は御薗座の方が大きいがこの和風の外観はまさしく歌舞伎界の本拠地というにふさわしい建築だといえる。伊蔵は歌舞伎座を眺めながら銀座四丁目交差点に辿り着いたのだった。
DSCF7060.jpg
有名な和光の時計台が見えて来た!すっかり伊蔵は田舎者と化しこの日本の交差点の中でも最も有名な十字路へと足を運んで行ったのだった。
DSCF7064.jpg
これは円筒形の姿を見せる『三愛ドリームセンター』。円筒形の上部の広告はたびたび変わっていて現在は『RICOH(リコー)』の広告になっている。(ちなみに以前までは『vodafone』の広告だった)この日は休日にあたっていて道路は歩行者天国となっていて多くの人々で賑わっていた。
DSCF7062.jpg
いやぁ流石に日本最大の繁華街・・・参りました(笑)『銀座通り(中央通り)』に足を踏み入れると道沿いには実に沢山のブランド店、高級店やデパートが建ち並んでいてもの珍しく気が付くと上ばかり眺めて歩いている事に自分に苦笑する伊蔵であった。
DSCF7063.jpg
この辺りの地価は日本で最も高い事はよく知られている。銀座五丁目中央通り沿いの鳩居堂前が最も高い。実にその地価一平方メートル当たり2,496万円!
DSCF7061.jpg
高い地価の土を踏み締めつつ伊蔵は銀座の街を歩いた。大きな幅員を持つ道路が丸ごと歩行者天国になるというのは何だか開放感があって気持ちが良い。堂々と道の真ん中を歩き撮影して回った(笑)
DSCF7065.jpg
伊蔵は銀座一丁目方面へと一旦歩き京橋辺りから左へ折れ東京駅方面へと向かって歩いたのだった。<つづく>




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/448-afabbea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勤労感謝の日『名古屋OFF』/前編 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の江戸巡り/その6・築地本願寺

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。