2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤労感謝の日『名古屋OFF』/中編

マスター、鎖骨さんをジャックことtakeさんのお店に初めてお迎えし始まった今回の『名古屋OFF』は順調な滑り出しで始まった。乾杯の後は最近の恒例となった『お土産物産展』(笑)東北地方代表のマスターからは純米吟醸酒が献上された!
DSCF7535.jpg
『純米吟醸酒 浦霞禅』という日本酒だ!宮城県塩竈市にある株式会社佐浦が醸造元のお酒。このお酒の箱には禅画が画かれているがこれは昭和40年代フランスで日本の“禅”の関心が高まっている時分にフランスへ輸出する為に造られた日本酒なのだが結果的にこれはかなわなず国内向けの吟醸酒として発売された。口当りは良くてどんどん飲む事が出来てしまう。

マスターからはもう一品お酒を頂いた。
DSCF7537.jpg
おおお!『こっ、これは!?』幻の焼酎『森伊蔵』ではないか!しかもミニボトル・・・こういうカタチで売られているのは見た事が無い。驚く伊蔵にマスターがそっと呟く。

『ホンモノかどうかはわからないよ・・・(笑)』

DSCF7536.jpg
そうは言っていたマスターだったがこのミニボトルでも結構なお値段がしたらしい・・・わざわざ伊蔵のハンドルネームの元となった『森伊蔵』をお土産にもって来て下さるとは・・・これはとても嬉しい事だ!有り難う!マスター!

伊蔵も地元の銘菓である『栗きんとん』をマスターと鎖骨さんへ手渡した。草加君もお土産を(結局何なのかは伊蔵は覚えていない・笑)手渡していた。takeさんはこの日の為に用意していた“自家製時雨煮”パックをお土産として献上!この時雨煮はわがBARギコONLINEメンバーの間でも人気の品となっているだけにお二人は大変喜んでいた。

『今日は遠くからわざわざ来て頂いたのでいろんな品を腕によりをかけて用意していますよ!!』

いつになく力が入っているtakeさんの言葉に我々のこれから出てくるであろう料理の数々に期待が膨らむばかりだった。
DSCF7513.jpg
まず登場したのは鮟鱇の肝、すなわち『アン肝』だ!この品は和製フォアグラと言っても過言ではなかろう。これを葱と大根おろしポン酢で頂く。サッパリとした口当りと肝の濃厚でまとわりつく様な舌触りが何とも嬉しい!特にこの『アン肝』は鎖骨さんが食べたかった一品でありtakeさんにリクエストしていたのだ。この品を食べながら必要以上に感動していた鎖骨さんは見ていてとても面白かった。
DSCF7514.jpg
お次はクリーミーな食感が嬉しい『鱈の白子』。う~ん何だか酒のつまみのオンパレードのようだ(笑)マスターは酒はあまり飲めない方なのだが次々と繰り出される料理につられてついついお酒を口に運んでしまっている。鎖骨さんは普通にお酒は飲めるのだが初めて訪れたお店の為か例によって極度に緊張してしまい飲酒速度が加速中のようであった(笑)

程よくみんなが酔って来たところへ『アキラ氏』が仕事を終えてお店にやって来た。アキラ氏もマスターとはネット上では話をしたものの顔を合わせるのは鎖骨さんともども初めてだ。例によってお互いが

『ドーモドーモ・・・』

やっぱりドーモ君になってしまうのだった(笑)アキラ氏もメンバーのみんなで飲もうという事で解禁されて間もない『ボジョレ・ヌーボー』を一本持ち込んで来た。思えば昨年もアキラ氏は『ボジョレ・ヌーボー』を飛騨の旅先で差し出していたよなぁ~(笑)
宴はまだまだ続く・・・。<つづく>




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/450-1bdb990c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勤労感謝の日『名古屋OFF』/後編 «  | BLOG TOP |  » 勤労感謝の日『名古屋OFF』/前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。