2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その7・法善寺横丁・中編

DSCF7224.jpg
目当てのお店の開店時間まで伊蔵は『法善寺横丁』『法善寺参道』をブラブラと歩き回る事に。ほとんどのお店は夕方が開店時間なので路地はひっそりと静まり返っている。この細い路地からさらに細い枝道もありどこかへと通じている。
DSCF7218.jpg
この道幅1メートル以下の枝道沿いにもいくつもの店が並んでひしめいているのには驚かされる。これらの店の中にはどんな世界が広がっているのだろうか。非常に気になる伊蔵であった。さらに『法善寺横丁』を歩いていると伊蔵の視界にある石碑が目に入った。
DSCF7214.jpg
それは有名な藤島恒夫の名曲『月の法善寺横町』(作詞 十二村哲・作曲 飯田景応)の歌碑であった。題名だけ聞いても分からなくても詞を目で見ればだれでも『ああ!あの曲か!』と気が付く。

◆『月の法善寺横町』

 包丁一本 さらしに巻いて 旅へ出るのも 板場の修業
 待ってて こいさん 哀しいだろが
 あゝ 若い二人の 想い出にじむ 法善寺
 月も未練な 十三夜

   「こいさんが、わてをはじめて法善寺へつれて
   来てくれまったのは『藤よ志』に奉公に上がっ
   た晩やった。はよう立派な板場はんになりいや
   云うて、長いこと水掛不動さんにお願いしてく
   れはりましたなあ。あの晩から、わては、わて
   は、こいさんが好きになりました」

 腕をみがいて 浪花に戻りゃ 晴れて添われる 仲ではないか
 お願い こいさん 泣かずにおくれ
 あゝ いまのわてには 親方はんには すまないが
 味の暖簾にゃ 刃が立たぬ

   「死ぬ程苦しかったわてらの恋も、親方はんは
   許してくれはった。あとはみっちり包丁の修業
   をつんで一人前の料理人になることや。な、こ
   いさん。待っててや。ええな、こいさん」

 意地と恋とを 包丁にかけて 両手あわせる 水掛不動
 さいなら こいさん しばしの別れ
 あゝ 夫婦善哉 想い出横丁 法善寺

う~ん改めて読んでみるとなかなかイイ歌詞ではないか・・・。歌碑に刻まれた詞を目で追いながら感心していると伊蔵の背後から誰かがこう呼び掛けて来た!

『お兄ちゃん、それ撮影しとかないかんでぇ~名曲やで』

なななな、何だ何だ!?いつの間にやら伊蔵の背後に謎の関西のオッチャンが立っているではないか・・・。一体彼は何者なのだろうか。警戒する伊蔵を尻目にオッチャンは矢継ぎ早に『法善寺横丁』について語り始めたのだった(笑)伊蔵がこれまで書いて来た『黒門市場』の名前の由来やこの辺りが昔刑場であった事、この法善寺横丁のそこかしこに残っている墓地はそうした罪人達の墓だという事まで親切に語ってくれたのである。

『こういう事はわてら地元のもんが教えたらんと他所から来た人には法善寺の本当の良さはわからんさかいにな』

と、オッチャンはこう言うのである。確かにオッチャンの言う事は正しい。大阪に観光に来て有名な観光地と知られている場所にただ出向いて見るだけでは得るものが実に乏し過ぎるであろう。その歴史的背景を頭に入れて置くだけでその場所の見方が随分変わってくるものなのだ。これは伊蔵の旅の経験からも十分に納得出来る事である。
DSCF7217.jpg
謎の関西のオッチャンは伊蔵を法善寺横丁内にある“蹲(つくばい)”へと案内してくれ

『ほれ、こんな街中でも綺麗な水が湧いとるんやで!』

得意気にオッチャンは説明してくれるのだ(笑)オッチャンは伊蔵がどこから出向いて来たかを訪ね、伊蔵が『名古屋からだ』と答えると名古屋の事も結構詳しいらしく楽しく話してくれた。伊蔵はこの“謎の関西のおっちゃん”の素姓が知りたくなり訪ねてみると、

『わてか??わてはここらの店に魚を卸しに来たとこや』

ななな!なんと!観光関係の方かと思っていたのに・・・鮮魚卸業者だったとは(笑)よく見るとオッチャンの傍には大きな荷物ボックスを装着したスクーターがあった。しかも驚くべき事に自作で屋根まで付けている!さすが関西のオッチャン!雨の日でもこれで安心だ!

わずか数十分の関西のオッチャンとの会話であったが随分楽しませてもらったしためになる話を聞く事が出来て良かった。このオッチャンとの“偶然の出会い”がなければこの『伊蔵通信』の大阪ネタの数々もここまでは引っ張る事は出来なかっただろう。偶然にも伊蔵は関西人の人懐っこさ、人情深さというものに触れた感じがしたのだった。

ありがとう!いや、おおきに!関西のオッチャン!
これからも安全運転で美味しい鮮魚を卸し続けて下さい!

おっと!そろそろ目当ての店の開店時間が間近に迫って来た。伊蔵は足早にそのお店に向かって歩き始めたのだった。<つづく>






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/463-926bfa03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その8・喝鈍さんにて «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その6・法善寺横丁・前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。