2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その8・喝鈍さんにて

DSCF7215.jpg
伊蔵が開店時間を待っていたお店とは「かつどん」を食べさせてくれるお店。その名もまんま『喝鈍(かつどん)』という。1983年にオープンしたカツ丼専門店で「カツ」を中心とした豊富なメニューで人気のお店だという。
DSCF7216.jpg
“スタミナ切れで鈍くなっても喝が入る様に”がお店の名前の由来との事だ。伊蔵はこの大阪への旅の前にtakeさんよりこの『喝鈍』さんを紹介されており是非立ち寄ってみようと思っていたのだ。開店時間の約15分前に伊蔵はお店の前に陣取り開店を待った。伊蔵が望んでいたお店へ一番槍は確実に達成されそうだ(笑)。入口には暖簾はまだ掛かっていないが店内では開店に向けての準備が行なわれているようだった。

と、法善寺横丁の東の入口の方からこちらに向かって歩いてくる人が。どうやら『喝鈍』さんの大将の様だった為、伊蔵は開店時間の確認をしてみた。

『もう少し待って下さいね』

と大将。その姿、口調は職人らしい頑固さで必要以上の事は喋らない。伊蔵はもうしばらく店頭で待つ事に。やがて伊蔵の後に二人のおばさんが並んだ。同じく開店時間を待つようだ。
katsudon1.jpg
午前11時、店頭に喝鈍さんの暖簾が掛けられた!アルバイトらしい女の子らしい人が『お待たせしました。どうぞ』と店頭で待つ我々三名に声をかけた。伊蔵は早速店内へと足を踏み入れた。
katsudon3-1.jpg
店内は薄暗く黒いカウンター席が奥へと一直線に伸びている。約10席といったところだろうか。

『奥から詰めてお掛けください』

と促され“一番槍”の伊蔵は一番奥のカウンター席へと腰を降ろした。おばさん二人も伊蔵のすぐ横へと座った。『喝鈍』さんでは前金制でメニューを決めてから先にお金を支払うシステムだった。伊蔵が注文したのはカツ丼の『W玉子』600円也。カツ一枚に玉子二つが入っているというカツ丼である。この他メニューには『Wカツ丼』(カツ二枚、玉子一つ)、『WWカツ丼』(カツ二枚、玉子も二つ)なんて欲張りなものも用意されているし『ソースカツ丼』『キムチカツ丼』『カレーカツ丼』といったものもある。通常のカツ丼なら550円からと大変リーズナブルでボリュームも申し分ない。黒いカウンターの上には「梅干し」や「たくわん」も置かれていて自由に摘む事が出来る。
DSCF7227.jpg
そしてやって来た『W玉子』!!たっぷりトロトロの玉子とじが食欲を誘う。ここ『喝鈍』さんの大きな特徴として挙げられるのが御飯をよそった丼とカツと玉子をとじた銅鍋が別れてカウンターに運ばれて来る事だ。御飯の上にカツを乗せて食べてもいいのだが伊蔵は別々に頂く事にした。カツはサクサクしていて多めのW玉子とじとダシと絡みから生まれる旨味がとてもいい。
DSCF7228.jpg
御飯はその日の分だけ精米して使う新鮮なお米で黒胡麻が少しまぶされている。柔らかすぎず炊かれたこの米がまた実に美味しい。そのまま御飯だけでも食べれそうな甘みというものがあって驚いた。この美味しい御飯と玉子とダシが絡んだサクサクのカツを口に頬張った時には思わず旨さに顔が綻んでしまう。

大満足の食後、しばらくカウンター席でお水を飲んで寛いだ。混雑していればすぐに店を出なければならないだろうが開店してすぐのお店は空いていた。やがて伊蔵の飲んでいたコップの水が無くなってしまったのだが例の隣に座っていたおばさんがわざわざ伊蔵のコップに水を入れてくれはった(笑)『あ、すみません。ありがとうございます!』御礼をいいながら伊蔵は関西の人はホントに人情深いと思わずにいられなかった。

伊蔵が店を後にする時間には店に次々とお客さんが入って来た。昼時ともなれば行列になってしまうと聞いていたので開店時間に合わせて店に入って良かった。もしもお昼頃来たとしたら行列で並びやっと店内に入ったと思ったらカツ丼を掻き込み食後にゆっくりも出来なかっただろう。『喝鈍』さんに来るならやはり早めに来るのが正解だ。

噂通りのカツ丼の美味しさ。『喝鈍』さん御馳走様でした!!<つづく>


katsudonn1.jpg
◆『喝鈍 法善寺横町本店』
・住所/大阪府大阪市中央区難波1-1-17 法善寺横丁
・電話番号/06-6213-7585
・営業時間 /AM11:00~PM21:00
・定休日/無休
・座席 /カウンター・10席(禁煙席 )




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/464-e9425301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その9・戎橋界隈 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その7・法善寺横丁・中編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。