2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その18・“新世界”を巡る・後編

伊蔵はtakeさんから聞いたある“店”を探しつつ新世界の通りを歩き回っていた。
DSCF7287.jpg
しかし新世界には無数の店が所狭しと建ち並んでいる為、探すのはかなり苦労した。時刻も夕方近くとなり店の呼び込みも激しい。『ビール一杯でもOKですよ~!どうですか~!』なんて呼び込みもあったりする(笑)この新世界では昼間から酒を飲んで酔っ払っていたとしても誰にも咎められる事は無い。それがむしろ許されてしまう感じの街なのである。
DSCF7289.jpg
伊蔵は新世界の『中央通り』と呼ばれる細い路地へと入って行った。狭い路地だがここにも沢山の飲食店が並んでいた。この路地で最も有名な店は『元祖串かつ だるま』さん。その本店がこの路地にある。
daruma.jpg
かなりの人気店で行列が出来ていた。創業は昭和4年で『ソースの二度付け禁止』発祥の店として知られている。メニューが串かつのみでこれほどの集客があるのもちょっと驚きだ。さらに細い路地を伊蔵は歩いて行った。そしてついにtakeさんに教えられた店を発見した!
DSCF7286.jpg
おおおお!確かにこの店だ!やっと見つけた(笑)
そのお店の名は『酒の穴』。“穴”といえばtakeさんや伊蔵の世代ではすぐに『タイガーマスク』に登場する悪のレスラー養成組織『虎の穴』を思い出す。居酒屋の名としては実に変わったネーミングである。“新世界の穴場居酒屋”という事なのだろう。takeさんはこの店のネーミングとその大衆酒場的佇まいに惹かれてこの店に飛び込みで入ったらしい。
sake.jpg
飛び込みで入ったもののかなり当たりだったらしくいろいろ勉強させていただいたとの事。店の雰囲気とメニューやその価格はまさに大衆的居酒屋。各種串揚げをはじめとしてお好み焼き、焼そば、刺身とこまごまとした料理がリーズナブルな値段で頂けるようだ。来店しているお客さんも地元のオッチャンが多く非常に賑やかだという。
happou.jpg
◆画像提供:takeさん
この『酒の穴』さんでの看板メニューは具沢山の『八宝菜』。値段も200円と非常に安い。新世界を訪れる観光客の多くは有名店ばかりに目が行ってしまいがち。本当に美味しい店というものはこういう店なのかもしれない。安くて美味しいが自慢の『酒の穴』さんはネット上でのホームページは存在しないもののこのお店に立ち寄ってその味や雰囲気に魅了されたお客さん達によって多く紹介されている。今回伊蔵はこの先の予定があった為、立ち寄らなかったが次回新世界に訪れた際には寄ってみようと思う。

◆『酒の穴』
・住所/大阪市浪速区恵美須東2-3
・電話番号/06-6631-1845
 串かつ5本300円・八宝菜200円・さしみ、マグロ300円
 お好み焼き400円・やきそば400円・八宝菜200円

DSCF7288.jpg
新世界の街は夕方を迎えますます賑わいを見せている様であった。そろそろ伊蔵も今夜の宿である『スーパーホテルなんば・日本橋』へ向かわねばなるまい。ここ新世界から宿のある日本橋へは地下鉄堺筋線「恵美須町駅」から一区間で辿り着く事が出来る。伊蔵は『通天閣本通商店街』を通って「恵美須町駅」へ向かう事にした。
DSCF7290.jpg
初めて訪れた『新世界』は十分に楽しく歩き回れた。もう少しゆっくり回りたかったのと食べ歩ければよかった。次回に持ち越しだ。

地下鉄に乗り『日本橋駅』へ辿り着いた。大阪の中心部をこれで伊蔵は一周した事になる。今夜の宿『スーパーホテルなんば・日本橋』は黒門市場の西の入口のすぐそばにある。少々歩き疲れていた伊蔵は宿に入って休みたかった為、足早に宿へと向ったのだった。<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/474-de14bfbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その19・宿でひと休み «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その17・“新世界”を巡る・前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。