2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その22・『二和鳥』さんにて・中編

『二和鳥』さんで扱っている鶏肉は鳥取県の大山で健康に育てられた地鶏(90~100日令)で毎日仕入れられるという。新鮮で何より素材が良いので美味しくない訳が無い。
DSCF7305.jpg
麦焼酎を何杯か頂いている内に伊蔵も店内の雰囲気に馴れて来た(というか酔って来た・笑)。次に出て来た品は『手羽』。こいつも旨かった!骨までしゃぶってしまった感じ。とにかく『二和鳥』さんの鳥肉は肉の素材の良さもさる事ながら塩加減や焼き方も絶妙で肉汁のジューシーさが何より旨い。焼酎がどんどん進んでしまう。伊蔵はそんな美味しい焼き鳥が出される度にデジカメ撮影をしてから食べていた。

ちょうど伊蔵が座っているカウンター席のすぐ隣に座っていたお母さんがそんな伊蔵を見つつ話し掛けて来た。話振りから察するに関西の方らしい。

お母さん:『さっきからずっと撮影されてはりますね(笑)』
伊  蔵:『え、ええ・・(苦笑)』

関西の人の人懐っこそうな話振りというか人柄に馴れていない伊蔵はぎこちなく返事をした。関東や中部地方の人に対する接し方とは関西は明らかに違う。知らない間柄でも気軽に話し掛けて来る彼らに伊蔵は戸惑いを感じてしまっていた。しかし伊蔵も焼酎の心地良い酔いが手伝ってか戸惑いよりも話し相手が出来た事に喜びを心に感じていたというのが本当のところであった。お母さんもワインを飲んでいて気分良さげであった(笑)

しばらくそのお母さんと話をしていると今日はご家族と一緒にこの『二和鳥』さんへ来ている様であった。見てみるとお母さんの隣には歳若い娘さんと息子さんそれに旦那さんがカウンター席に並んで座っているようだった。家族みんなで仲良く焼き鳥を食べながらお酒を飲むなんてなんて羨ましい事だろう。伊蔵にはそんな経験は無い。
DSCF7306.jpg
『二和鳥』さんの『串コース』は会話の途中でも続いていた。次の品は『鴨ロース』。焼き鳥屋さんで鴨を食べた経験は初めてだったがこれもなかなか柔らかくて美味しかった。

お酒を楽しみつつのお母さんとの会話は楽しかった。
旦那さんはなかなかの食通らしく美味しいお店にも詳しいようだった。伊蔵の地元である岐阜に二ヶ月に一回出張される事も話の中で分かりますます会話は弾んだ。こういう展開が知らない土地の初めて入る店で起こりうるとは思っていなかった伊蔵はとても嬉しかった。<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/479-304d2bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その23・『二和鳥』さんにて・後編 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その21・『二和鳥』さんにて・前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。