2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その24・帰宿

伊蔵は『二和鳥』さんでの美味しく楽しい食事を済ませ心地良い酔いに任せて道頓堀から宿である『スーパーホテルなんば・日本橋』へと戻って来た。一階の脇にはコンビニがあったのでそこで缶ビールとツマミを買い込んでから部屋へと戻った。

まだ夜とはいえ早い時間だったので昼間に回った“新世界”に行き例の居酒屋『酒の穴』でちょこちょこと摘みながら酒でもと一瞬思ったのだがすでに伊蔵の身体は今日一日の疲れと楽しい思い出と酔いで動く事もままならない状態であった。

『プシッ!』

と缶ビールのプルタブを開けた伊蔵はベッドの上で喉を潤したのだった。
一本を飲む間に今日一日の出来事を『伊蔵通信』の為にメモ帳に記録して置いた。メモして置かなければ確実に忘れてしまうからである(笑)箇条書き程度でも書き残しておけばかなり後で役立つのである。

一通り記録を残した後はシャワーを浴びテレビを見ながらまた缶ビールを飲む。まさにグダグダ状態だ(笑)テレビでは『出没!アド街ック天国』が放送されていてちょうど先日オフ会で出掛けたばかりの横浜「野毛商店街」の特集がされており今ではすっかり野毛商店街には詳しくなってしまった伊蔵にとっては見ていてとても楽しかった。

アド街を視聴した後、疲労気味の伊蔵はマッサージを頼む事に。
運動不足という事もあるが一日中歩き詰めの伊蔵の身体はかなり披露していたのだ。歩き方が悪いせいなのか背筋力の筋力低下なのか腰の痛みが激しいのと慢性的な肩こり、ふくらはぎの疲労などようするに全身が疲労気味なのであった(笑)また旅先でマッサージを頼んだ折りにはその人からいろいろな地元の話を聞く事が出来て楽しいのでここ最近伊蔵は旅先でマッサージを頼む事が多いのだ。

ここ『スーパーホテルチェーン』では24時以降は玄関がしまってしまい外部のいかなる人間もホテル内に入る事が出来ない様になっている。チェックイン済みの客が24時以降にホテルに帰って来た場合は玄関脇のテンキーで部屋の暗証番号を打ち込む事により玄関のロックが解除される様になっている。フロントも24時以降は誰もいなくなってしまう。徹底的なコスト削減である。これがあるからこそ宿泊客は低料金で宿泊出来る訳である。

伊蔵は客室の利用説明書に記載されていたマッサージ業者に自分の携帯電話でマッサージを依頼した。スーパーホテルの客室には驚くべき事にコスト削減の為客室電話すら設置されていないのである。数十分後、客室のドアがノックされたのでドアを開けると20代後半から30代前半と言った感じのお姉さんが立っていた。「う~んちょっと若過ぎるなあ・・・」少しばかり困りつつ緊張しながらも伊蔵は部屋へとお姉さんを招き入れた。

伊蔵は首筋、腰、ふくらはぎなどの各所の痛みをお姉さんに説明(つまり全身なのだが・笑)かなり強めにとお願いした。お姉さんは見たところ随分華奢であったがマッサージの腕は確かであった。首筋のマッサージから始まったがこれがかなり痛気持ちいい。

彼女にマッサージの腕やこうした仕事に就く動機についていろいろ聞いて見たところ自分もマッサージをしてもらって気持ちが良かったということ、マッサージ師の先輩に施術を習った事や自分がタイに旅行に行ってタイ式マッサージのをして気持ち良かった経験がありそれを自己流にアレンジして施術している事などが分かった。ようするに自分が気持ちがいい事を他の人に施してあげる事を喜びとしているようだった。

またこうして他人をマッサージしているとその人の“こり”を逆に自分がもらってしまうらしい。『ふ~むそういうもんかねぇ~』と伊蔵はお姉さんに感想を言ったがあるいは本当にそうかもしれない。これほど強くマッサージを1時間程も続けていたら自分の方がまいってしまうのも当然だろう。

伊蔵は全身を弛緩させつつマッサージを受けていた。全身に変な癖が出来ている様でそれを揉んでもらっているとかなり痛みがあったがこれがひどく気持ちがいいのだ。凝りに凝った伊蔵の身体を彼女は甲斐甲斐しく揉みほぐしてくれたのだった。

全身のマッサージが済むと身体全体がポカポカと火照っているのが分かった。伊蔵はお姉さんに御礼を言い少しばかりのチップを添えて料金を支払った。伊蔵にとっては少しのチップであったのだが彼女にとっては驚きであったらしく随分恐縮されてしまった。しかし伊蔵にとっては随分楽になったし色々な話が聞けて面白かったのでマッサージ代だけでは割に合わないと思って払っただけだったのだが・・・。

伊蔵はお姉さんを見送りベッドに横たわった。
今日の疲労もこれで解消された伊蔵はそのまま深い眠りについたのだった。
<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/481-5dfd0c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『大坂・秋の陣』/その25・二日目/道具屋筋 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その23・『二和鳥』さんにて・後編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。