2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋学/名古屋弁について

nagoyagaku.jpg
先日『名古屋学』(新潮文庫)という本を購入し読み終えた。結構面白くて瞬く間に読了してしまった(笑)

◆『名古屋学』(新潮文庫)
・岩中祥史 著(いわなか・よしふみ)
1950年(昭和25年)生まれ。名古屋の明和高校から東京大学文学部に入学。卒業後、出版社に勤務。現在、編集企画会社(株)エディットハウス代表取締役。

数ある『名古屋』をテーマにした書籍と同じような内容なのだが案外地元名古屋に住んでいて気が付かない事や名古屋以外の地域に住む人々の名古屋感というものがどういうものなのかという事が客観的に分かるので面白い。この『名古屋学』では以下の分類で名古屋について書かれていた。

●名古屋の『社会学』
●名古屋の『歴史・地理学』
●名古屋の『経済学』
●名古屋の『経営学』
●名古屋の『言語学』
●名古屋の『栄養学』

中日ドラゴンズと名古屋人の密接な関係や名古屋出身の戦国武将または芸能人について、派手な冠婚葬祭、無数に存在する喫茶店とその特徴について、食文化、名古屋弁(方言)についての解説など細かく書かれていた。中でも面白かったのが『名古屋弁』の部分。

近頃では『名古屋弁』などはあまり聞かれなくなったと地元の人間は思いがちだが気が付かないだけで結構話していたりするものらしい。たびたび伊蔵らが開催しているオフ会で県外の友人と話したりする時にそうした事に気が付くのである。伊蔵は普通に話しているつもりの言葉が友人には通じなかったりといった事が実際にたびたびあった。伊蔵が名古屋弁を話すのは名古屋生まれという事もあるが祖母の影響が多分にあるように思う。

名古屋以外の人々が想像する『名古屋弁』とは「みゃあみゃあ」と猫が鳴いている様に喋るという表現をされがちなのだがこれは間違いである(笑)この誤解は名古屋人の喋り方を誇張してモノマネをしていた『タモリ』のせいであるらしい。伊蔵も純粋な『名古屋弁』をマスターしている訳では無いが大体の事は理解しているつもりだ。ここである「例」を取り挙げて『名古屋弁』に変感してみたいと思う。

ここで取り挙げるのはロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』でのワンシーンでガンダムとの最終対決を控えた“赤い彗星”の異名を持つ『シャア大佐』とジオン軍最後のモビルアーマー『ジオング』の整備兵との会話である。ガンダムを知らない方でも標準語の台詞と名古屋弁に変換後の台詞を見比べるだけでも面白いと思うので一度読んでみて頂きたい。『 』内は標準の台詞、( )内は名古屋弁に変換後の台詞である。

ashi.jpg
◆整備兵
『80パーセントぉ?冗談じゃありません!現状でジオングの性能は100パーセント出せます!』
(80パーセントぉ?とろくせぁあこと言っとっていかんて!今のまんまでジオングの性能は100パーセント出せるて!)

◆シャア大佐
『足は付いていないな・・・』
(足はあれせんなぁ・・・)

◆整備兵
『あんなの飾りです!偉い人にはそれが分からんのですよ!』
(あ~んなもん飾りに決まっとるがね!えりゃーさまにはそれが分からんのだわ!)

◆シャア大佐
『使い方はさっきの説明で分かるが・・・サイコミュが私に使えるかな?』
(つきゃ~かたはさっきの説明で分かるけどが・・・サイコミュがわしに使えるきゃ?)

◆整備兵
『大佐のニュータイプの能力は未知数です。保証出来るわけありません!』
(てぁ~さのニュータイプの能力はわっかれせんもんだで、ほんなもん保証できすきゃ~!)

◆シャア大佐
『はっきり言う・・・気に入らんな』
(はっきり言わっせるなぁ・・・嫌りゃ~だわ)

整備兵
『どうも。気休めかもしれませんが大佐ならうまくやれますよ!』
(ど~も。気休めかもしれへんけどてぁ~さならあんばよ~やれるんじゃにぁ~あ)

◆シャア大佐
『ありがとう。信じよう』
(ありがとねぇ~。信じるて)

ざっとだがこんな感じになると思う(笑)
他にも有名な『ガンダム名言』を例に挙げると、

◆“青い巨星”ランバ・ラル大尉
『ザクとは違うのだよ!ザクとは!』
(ザクとは違うんだて!ザクとは!)

◆ブライト中尉
『左舷弾幕薄いぞ!なにやってんの!』
(左舷弾幕薄いて!なにやっとりゃ~す!)

名古屋弁が理解可能な人には笑って頂けると思うのだが。
このように標準語を変換して笑えるのは何も『名古屋弁』に限った事では無くその地方地方で使われている方言を使えば面白いに違い無いだろう。方言ってのは実に面白いものだ。


 


スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

私は生まれも育ちも名古屋です。

これも所謂タモリ風ですよ。実際に“大佐”をてあーさ”などとは名古屋人でも言いません。

あまりに誇張した名古屋弁は反って聞きずらい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/489-c287e8ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

廃油で走る! «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『大坂・秋の陣』/その30・最終回/再び鶴橋へ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。