2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根付きバイク

昨年の11月の話しになるが伊蔵は『第40回東京モーターショー』を見学しに千葉県は幕張メッセへと向かった。他のイベントで幕張には数年前に出掛けた事はあったものの『東京モーターショー』には随分久しぶりであった。昨年の内にこのレポートは書き記したかったのだが秋から冬にかけて旅に出る事が多かった為、結局書く事が出来なかった。今日はその『東京モーターショー』の中で特に気になったバイクについて書こうと思う。
DSCF7376.jpg
二輪車のブースは日本国内四大メーカーであるホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキが多くを占めていたがその他にも海外の有名どころのバイクメーカーとしてハーレーダビッドソン、ドゥカティ、BMWなども出展していた。その中でちょっと珍しい海外のバイクメーカーがあった。イタリアのバイクメーカー『ADIVA(アディバ)』である。
DSCF7403.jpg
このメーカーの一番の売りは『屋根付きバイク』だ。AD125、AD250の二つのラインナップがあり数字から分かる通り排気量は125cc、250cc。屋根付きバイク自体については特に物珍しいものではない。日本のホンダも屋根付きのバイクを販売している。
Hjyairo.jpg
ホンダが販売している屋根付きバイクは排気量50cc、つまり原付のスクーター『ジャイロキャノピー』というもの。街中ではピザ屋のデリバリーサービスによく使用されているので見かけた事のある方も多いと思う。いかんせん業務用スクーターとして開発されているので一般のバイクユーザーが趣味で乗る為に購入する事は少ない車種である。
DSCF7402.jpg
さて今回紹介するイタリアのバイクメーカー『ADIVA』の屋根付きバイクはホンダのジャイロキャノピーとは違い一般バイクユーザーが乗っても何の違和感なく普通に乗れる洗練されたデザインの屋根付きバイクとなっている。しかもこの屋根付きバイクの凄い所は走行中の天候状況に応じて屋根を後部のトランクに収納が可能なのである。
DSCF7654.jpg
“開閉式ルーフ”というこのシステムは2004年に『国際特許』を取得している二輪車では唯一のものである。開閉は数秒で可能だそうだ。しかも後部トランクはルーフを収納しても容量60リットルを確保しているから凄い(ルーフ展開時では92リットル)。屋根が有る無しでライダーの疲労は随分違って来る。走行中に雨が降って来た時のライダーの精神的不快感は以前にバイクに乗っていた事のある伊蔵にもよく分かる事なのである。雨の日はバイクに乗らないと割り切っている根性無しのライダーならいいが長期でツーリングを楽しむライダーにとっては天候の変化は避けられない。雨に濡れないだけでも有難い事なのだ。
DSCF7659.jpg
屋根付きバイクはデザインが不格好というのがこれまでの常識でもあったがこの『ADIVA』の屋根付きバイクのデザインはイタリアン・デザインの極地と言われるだけあってとてもスタイリッシュでカッコイイ。

◆ADIVA AD250
・エンジン型式:ピアッジオ製水冷単気筒SOHC4バルブクォーサー
・総排気量:244cc
・最高出力:16kW(22PS)/8250rpm
・最大トルク:20.0N・m(2.1kg・m)/6500rpm
・燃料供給装置形式:無鉛ガソリン・フューエルインジェクション
・燃料タンク容量:13.5リットル
・燃料消費率(60km/h定地走行値):35.2km/h
・始動方式:セルフ式
・乾燥重量:175kg
・乗車定員:2名
・変速機形式:CVT遠心クラッチ
・ブレーキ形式:フロント/ダブルディスク・リア/シングルディスク

主要諸元は以上になる。屋根付きでビジネスやツーリングにも重宝しそうなこのバイクなかなかイイ!ライダーの快適さを考えてこの他にも様々な装備が取り付けられている。フロント部の大型スクリーンはUV光線も90%カット出来、軽量で耐久性に優れたメタアクリル製でウインドウォッシャー付き2スピードワイパーを装備している。

後部トランクの他にもシート下に収納スペースが確保されておりヘルメットを収納出来る様になっている。足もとの快適性を高める為にヒーターを標準装備、オーディオなどもオプションで取り付けられるスペースが確保されていたりと至れり尽くせりの装備の数々・・。お蔭でこの屋根付きバイクの車両本体価格は942,900円(消費税込み)た、高い(笑)屋根付きのバイクは総じて高価なのだがここまで高いのはちょっと無い。この点だけが残念なのだがこいつをツーリングバイクとして使えば相当楽しいだろうと思う。スーツ着ていても乗れるのでビジネスマンにも有難い。

日本のバイクメーカーも儲けは度外視でこういう優れたデザインの遊び心と趣味性の高いバイクをもっと作ってほしいと思う。現在売れているレーサー、アメリカン、ビッグスクーターというカテゴリーのみではちょっと物足りないと思うのは伊蔵だけではあるまい。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/492-4e5054b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

疲れた時は猫にかぎる «  | BLOG TOP |  » 世界における『日本ブーム』と日本の文化の独自性について

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。