2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『お伊勢参り』/その3・日本神話について

『神宮参道』を歩いて来た伊蔵は内宮方面へと通じている大きな道路『御木本道路』の横断歩道を渡り、『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』つまり外宮の表参道へと入って行った。豊受大神宮の御祭神はその名が示す通り『豊受大御神(とようけおおみかみ)』という食物・穀物を司るとされる神さん。現在では広い意味で産業の守護神としてあがめられている。豊受大御神 は元々千五百年前に『天照大御神(あまてらすおおみかみ)』の食事を司る神さんとして丹波国からこの伊勢(山田)の地へと迎えられ外宮が建てられた。
DSCF7902.jpg
天照大御神は女の神さんとして知られている。
どうやら自分一人では食事も満足に出来なかったらしく時の天皇である『雄略天皇(ゆうりゃくてんのう』の枕元に現れ

『私の為に丹波から食事係を呼び寄せなさい』

と言われた事で豊受大御神 が呼び寄せられた。いわば豊受大御神 は 天照大御神専用のシェフという役割を担う事になったのである(伊勢神宮外宮社伝/止由気宮儀式帳)。う~む食事が一人で出来ないからといって専用のシェフを呼び寄せて食事を用意させる 天照大御神・・・なかなか 強引な女神である。

日本神話として広く知られている『古事記』や『日本書紀』だがその中で伊蔵が知っている話はほんのわずか。知っているのは伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の『国生み』の話や、アマテラスの『岩戸隠れ』の話、スサノオの『ヤマタノオロチ退治』の話、ヤマトタケルの『熊襲(クマソ)征伐』の話、『因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)』の話など結構みんなが知っているような有名どころの神話でしかない。一度じっくり読んでみるのも面白そうなのだがなにせ神様が沢山出て来るので非常にややこしそう(笑)

伊蔵の日本神話でのトラウマとなっているのはやはり黄泉国(よみのくに)での『伊邪那美(イザナミ)』。『伊邪那岐(イザナギ)』の妻だ。
kuniumi1.jpg
神話の神の中で初の夫婦神と知られている二人で日本列島を作ったとされる(国生みの話)。二人は様々な神を生んだが“火の神”を生んだ際、女陰に火傷を負ったイザナミはこれが元で死んでしまい黄泉国(よもつくに/死者の国)へと旅立ってしまう。悲しみに暮れた夫のイザナギはイザナミにもう一度逢いたいが為に黄泉国へ出掛ける。この辺りは神様なのに妙に人間っぽくて面白い(笑)

さて黄泉国で イザナギはイザナミの懐かしい声を聞く。しかしイザナミはなぜか自分の姿を決して見ないで欲しいとイザナギに言うのだがそこは愛する妻の声だけではどうしても我慢しようがないイザナギ、自分の欲望に負けて見ちゃったんだなこれが(笑)この気持ちは男なら誰でも分からんでもないだろう。

しかし見てはいけないと言われた約束を破ってイザナギが目にしたのは腐敗した身体に蛆虫がわき八人の雷神がまとわりついている変わり果てたイザナミの恐ろしい姿であった・・・

この姿に驚いたイザナギは一目散に黄泉国から逃げるが自分に恥をかかせたと怒ったイザナミは追い掛けて来る。地上の世界と黄泉国との境まで来た時、イザナギはイザナミに対して離縁を求めた。しかしイザナミは

『あんたの国の人間達を一日千人殺したる!』

と離縁の条件を付けた。これに対してイザナギは

『おみゃ~さんがそうするならオレは一日に千五百の産屋を建てたるわ!』

と言った。これにより人間の死や寿命というものが決まったという。
これが黄泉国の神話の簡単なあらすじ。この神話を伊蔵は子供の頃に読んだが黄泉国でのイザナミの腐敗した身体の描写にすっかり参ってしまい日本神話と聞くとどうしてもイザナミを思い出してしまう様になってしまった。

前述の話の続き。黄泉国から逃げ帰ったイザナギは穢れ(けがれ)を祓う為に水で禊ぎをした。その時三人の神が生まれた。

左目を水ですすぐと『アマテラス(天照大御神)』が右目をすすぐと『ツクヨミ(月讀)』、鼻をすすぐと『スサノオ(建速須佐之男)』が生まれたという。これを『三貴紳』という。イザナギはこの三神に対してアマテラスには「高天原」、ツクヨミには「夜」、スサノオには「海」の統治を任せる事にした・・・

日本の神話に関わらず世界各国の神話は何らかの事実(自然現象や先住民族に対しての征服戦争等)に基づきそれを正当化もしくは神格化したりさらにイメージを膨らませ国情や宗教等に合わせて童話化・伝説化したものが多い。単に神話をそのまま読むのではなくその影にある事実を想像し当てはめながら読んで行くのことは面白い(実際はかなり大変だが)。神話に基づいたへんてこりんな学説が非常に多いのもこの為だろう。

古代の人々の神話を造る際の想像力というのは素晴らしいといわざるをえない。<つづく>




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/509-ca5d31c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『お伊勢参り』/その4・外宮にて «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『お伊勢参り』/その2・神宮参道~外宮へ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。