2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦と温泉『中津川への旅』(中編)

『十九上』さんで美味しい蕎麦と桜えびを頂いたアキラ氏と伊蔵が次に向かった先は中津川市の観光地として名高い中山道の宿場町『馬籠宿(まごめしゅく)』に近い温泉施設『クアリゾート湯舟沢』。国道19号から恵那山の山腹深く入った場所にこの施設はある。
DSCF8230.jpg
施設に辿り着いてみると駐車場が一杯でビックリ。こんな山奥にあるのにみんなせっせと出向いて来るらしい。アキラ氏と伊蔵は温泉施設から数百メートルも離れた駐車場の一番端にクルマを停めるしかなかった。
DSCF8231.jpg
この『クアリゾート湯舟沢』は温泉の他、『花更紗(はなさらさ)』というホテルもあり泊まり掛けでも楽しめる。
DSCF8290.jpg
また温泉施設も『のんびり温泉ゾーン』と『いきいきバーデゾーン』『はつらつプールゾーン』という3つのゾーンに分かれていて老若男女、子供から大人まで楽しめる様になっている。3つの施設全部を利用し出来る総合チケットは1,700円するので少々高いのだが。
DSCF8289.jpg
アキラ氏と伊蔵は温泉のみ利用のチケットを1,000円で購入し温泉に突入したのだった。

●中津川温泉の泉質データ
泉質/ナトリウム炭酸水素塩温泉(重曹泉)
効用/神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復・疲労回復・健康増進・切り傷・火傷・慢性皮膚病

重曹泉というこの中津川温泉は無色透明だがとてもヌルヌルした湯で浸かっているだけですぐに肌がツルツルして来る為に別名『美人の湯』と呼ばれている。浴室に入ってみると外から眺める施設の大きさから立派で広い浴室を想像していたのだが予想していたよりもかなり狭かった。大きな浴槽がひとつと水風呂ひとつと小さなサウナ、それに露天風呂が一つがそこにはあった。

まずは大きな浴槽へ身を沈める。なるほど湯がヌルヌルしている。湯温はぬるくもなく熱くもなくちょうど良い湯加減だった。久しぶりの温泉。やはりでかい風呂はイイものだ(笑)露天風呂方面にも行ってみた。外は冷たい雨が降っていたが岩風呂風に造られた露天風呂の湯に身を沈めると雨もオツなものだった。露天風呂のすぐそばには打たせ湯もあったので肩こりに悩んでいた伊蔵は患部に湯を当てしばらく打たれっぱなしで脱力していた(笑)

サウナは二度程入って来たがやはり施設の規模から考えるとどうしても狭過ぎる様に思えた。アキラ氏と伊蔵はたっぷりと1時間ちょっと湯に浸かったので肌はスベスベになり若返った感じがしたし身体もポカポカとし疲れも十分に取る事が出来た。しかし決して“美人”になった訳では無い。あくまでも風呂上がりのオッサン二人である(笑)

温泉から上がり施設内の土産物コーナーを物色してみる。
中津川の地元の名産品や農産物を使った加工品や山間地だけに木材加工品などが所狭しと並べられている。中津川は長野県とも接している為、信州蕎麦なども沢山並んでいた。風呂上がりにアキラ氏は『飲むヨーグルト』なる飲み物を飲んでいたのだがかなり苦労して飲み干しているのが笑えた。伊蔵はリンゴ農家の皆さんが搾り取ったという濃いリンゴジュースを頂いた。飲み物で一息ついた我々は『クアリゾート湯舟沢』を後にする事に。
DSCF8233.jpg
施設の外に出ると来た時よりも雲が晴れて雨も小降りになっていた。しかし依然として悪天候には変わりがない。駐車場に戻る道すがら五平餅とたこ焼きのお店を発見!
DSCF8232.jpg
温泉効果だろうか消化スピードが早まりちょうど小腹が空いていたアキラ氏と伊蔵はそのお店に吸い寄せられて行った。五平餅はこの地方の田舎ではよく食べられているもので普通は粳米(うるちまい)を小判型に平たく潰して竹串に刺しタレをつけて焼いた物だが中津川では丸い団子型の五平餅がポピュラーな形らしい。この店で売られている五平餅もやはり団子型であった。

店内に入ると壁一面にこれでもかという程様々な種類のたこ焼きメニューが貼付けられていたのを見て我々は驚いた。中でも不可解なメニューが『印度たこ焼き』なるもの。多分カレー味なのではあるまいか?と推測する我々であった。

『随分いろんな種類のたこ焼きがあるんですなぁ~』

感心した伊蔵がお店のおばちゃんに話し掛けてみると返ってきたおばちゃんの返事に伊蔵は仰け反ってしまった。

『たこ焼き自体はどのメニューでも一切変わらんでねぇ~(笑)』

なるほど!ようはタレの味が異なっているというだけなのか。なるほどなるほど・・・。結局アキラ氏と伊蔵が注文したのはオーソドックスな『マヨネーズたこ焼き』12個入り(400円也)であった。
DSCF8234.jpg
中津川の山奥でおばちゃん達がせっせと作るたこ焼きの味はなかなかイケた。あっという間に平らげた我々。次なる目的地中山道の宿場町『馬籠宿(まごめしゅく)』へと向かって山を登り始めた。<後編につづく>







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/524-e7c3d2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蕎麦と温泉『中津川への旅』(後編) «  | BLOG TOP |  » 蕎麦と温泉『中津川への旅』(前編)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。