2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『お伊勢参り』/その19・内宮で昼食を

さて昼飯はどこで食べようか・・・。
『おはらい通り』『おかげ横丁』には無数の飲食店があるもののすでに人が群がっている状態でとても落ち着いて食べる事が出来ない状態になっている。

伊蔵は思い切って国道まで出てみた。すると内宮のバス停前に『まぐろ茶屋 綱屋』というお店が目に入った。そういえば内宮に歩いて来た時に店の前で伊蔵は『綱屋』さんに割引チケットを貰った事を忘れていた。店内を覗いてみるとさほどに混雑もしていないようだ。伊蔵は『綱屋』さんへ入る事にした。

店内奥には厨房と座敷があって入口付近は全てテーブル席になっていて結構広さがある。時刻を確認するとまだ午前11時半でお昼を食べに来る人は少なかった。タイミング的には丁度良い時間に店内に入る事が出来た。“まぐろ茶屋”の名に相応しく『綱屋』さんではまぐろを使ったあぶり丼やネギトロ丼などの食事が楽しめるようであった。メニューを見て伊蔵は何を食べるか少々迷ったがお店のお薦めという事で

『大トロ丼伊勢うどんセット』(1680円也/少々高い・・)

を注文する事にした。伊勢に旅に来て実に三杯目の伊勢うどんである(笑)。注文の品が出て来るまで伊蔵はテーブル席に座り外の国道を走るクルマや歩く人達を見ていた。伊蔵と同じ様に『おはらい通り』『おかげ横丁』から溢れた人達が店内に次から次へと入って来た。
DSCF8027.jpg
さて注文の『大トロ丼伊勢うどんセット』が伊蔵のテーブルに運ばれて来た。トロと言う割には妙に赤いまぐろの丼とホカホカの伊勢うどんが盆の上に乗っかっていた。どちらかと言えば鉄火丼に近いのではないかと思ったりした。腹を膨らますには十分の分量だ。伊蔵は早速やっつけに掛かった。
DSCF8025.jpg
大トロ丼には醤油をちょいとかけて山葵といっしょに頂く。普通に美味しい。まぐろは確かにトロッとしていて柔らかく醤油と御飯が良くマッチしてガツガツ食べる事が出来た。
DSCF8026.jpg
一方今回の旅で三杯目となる伊勢うどん。やはり麺はクタクタで必要以上に柔らかいのはどのお店でも変わらないようだ。鰹の出汁の味がよく効いた汁だった。食べ尽くすとかなり満腹になってしまったが帰りも『五十鈴川駅』までの道程を歩くのでその間に消化して少しはラクになるだろう。

伊蔵は『綱屋』さんを後にして内宮を去る事にした。
DSCF8028.jpg
帰り際に国道沿いに『猿田彦神社』があったのでちょっと寄り道して行く事に。
DSCF8029.jpg
この神社の主祭神は『猿田彦命(サルタヒコノミコト)』。日本神話において天孫降臨の際に道案内をしたとされる事から“導きの神”といわれ道の神とか旅人の神とも称される。この為、交通安全祈願で訪れる人が多いようだ。『猿田彦』の名前自体は漫画家・手塚治虫氏の作品『火の鳥』でも登場するので伊蔵も良く知っていた。

境内は先程の内宮の大変な賑わいとは打って変わってひっそりとしていた。伊蔵の伊勢の旅の終わりに相応しい。伊蔵は『猿田彦神社』から国道に出て『五十鈴川駅』へと進んだ。駅へ到着すると列車の到着時間まで少しばかりの時間があり、駅のホームでタバコを吸って一服。書き忘れた事柄などをメモ帳に書き記しながら時間を潰した。やがてホームに列車が滑り込んで来た。伊蔵は列車に乗り込むと『宇治山田駅』へと向ったのだった。<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/529-f36e3ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『お伊勢参り』/その20・最終回 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『お伊勢参り』/その18・おはらい町へ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。