2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアルカ

先日も書きましたが、伊蔵が今読んでいる「国盗り物語」も最終巻(全四巻)に突入しました。後半二巻は織田信長編です。

「デアルカ」

というのは信長の口癖。この小説にも何度か台詞が出て来ます。数年前の大河ドラマ「利家とまつ」で信長役の反町隆史氏が「デアルカ」を連発していたので広く世間にこの言葉が知られるようになりました。
Odanobunaga.jpg

信長という人はクドクド喋る事が好きでは無く、人に話をする時でも最低限の言葉でしか話さなかったという。必然的に命令も言葉短く省略されてしまう為、何を命令されているのか分からないといったこともあったようです。聞き返せば「そんなこともわからないのかっ!」と怒られるだけならいいのですが、多くの家臣がそれが原因で左遷されたり酷いと殺されてしまったりしました。彼の元で働くのは大変だったでしょう。

さてこの織田信長という人物。大河ドラマでは色々な役者さんが演じていらっしゃる。伊蔵が心に残っているのは「徳川家康」の時の「役所広司」さん。

斎藤道三の治める美濃から輿入れしてきた濃姫の前で「鼻くそ」をホジっていた姿が強烈に記憶に残っていて忘れられません(笑)

「信長 KING OF ZIPANG」の時の「緒形直人」くんも良かった。彼はこの信長役を演じる以前は、朴訥とした性格の役しか演じていなかったので、果たして彼に信長が演じられるのか・・・と不安だったのですがなかなかどうして結構冷酷な信長を演じてくれました。

「余が最期に出来る新しき事は・・死ぬることかもしれぬ・・」

本能寺での緒形くんのこの台詞が忘れられません。
048-n-oda.jpg

今年の大河の「功名が辻」では舘ひろしさんが演じている。「時代劇に舘ひろし」という組み合わせは珍しい。最初はやっぱり信長役ができるのか?と思ってましたが、最近、板に付いて来たような印象を受けます。

「そちはホントに神、仏を信じておるのか??」
「血迷うたかっ!このキンカ頭っ!!」

比叡山焼き討ちの命令に反対する明智光秀に対し発したこの台詞、まさに「あぶない信長」(笑)これからの演技にも注目したいです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

今請

織田信長と言えばやっぱり今の時代「織田信成!」ですな。

先月の世界フィギィアでは「天下統一ならず」なんて見出しついてたっけ。

今世

ごめーん、どうしても前のタイトル治らないし、消せないの。
「今世」ってしたいのにー。

織田信成くん

ねーさん>>
織田信成くんは信長の7男、織田信高の子孫で信長から数えて十七代目の子孫にあたります。坊さんで「織田無道」って方が昔みえましたがこちらはホントに子孫なのかはさだかではないそうです(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/53-76e190dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真清田神社 «  | BLOG TOP |  » 今は亡き「三角窓」

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。