2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『遠州浜松』への旅/序章

一人で旅に出ようとする時、何らかの“キッカケ”が伊蔵には必要なのかもしれない。“キッカケ”が決まれば後は“勢い”のみである。今回の旅、つまり静岡県の浜松に出掛けるにあたってもある“キッカケ”というものがあった。それは、

『浜松餃子(はままつぎょうざ)』

というもの。これまで伊蔵は浜松といえば有名な『鰻(うなぎ)』しか浮かんでこなかったのだが『餃子』も有名らしいのである。この話は友人のtakeさんから聞いた。一般に餃子は栃木県宇都宮市が全国的に有名だが、浜松と宇都宮は総務省調査の『餃子消費量日本一』の座を争っているらしいのである。

総務省調査の『餃子消費量日本一』というのは県庁所在地または政令指定都市というのが対象であり浜松市は長い間、“餃子王国”宇都宮市(栃木県の県庁所在地)の影に隠れてしまっていたが2007年4月1日、浜松市が政令指定都市に移行した事からやっと同じ土俵で『餃子消費量日本一』の座を争う事が出来る様になったのである。いろいろなデータの解釈からはっきりどっちの都市が真の『餃子消費量日本一』なのかよく分らないがどちらも“餃子の街”である事に変わりはない。

『浜松餃子』の話を聞きいろいろ調べていく内に次第に伊蔵はこれを食べてみたいという衝動に駆られる様になった。旅に出るキッカケはこれで決まったといっていい。これまで浜松という街は伊蔵にとって新幹線で“通過”するのみの街だった。浜松という街には特にこれといった名所というものが無いというのも出掛けなかった理由かもしれない。

これまで“見る”という事に旅の重点を置いて来た伊蔵であったが今回初めて“食べる”という事をメインに旅をする事になりそうだった。

旅に出掛ける日時はゴールデンウィークの前半、4月27日・28日・29日の三日間と決めた。28日は平日だが思い切って休みを取りゆっくりと二泊三日で出掛けてみる事にした。出発日までの数日間、伊蔵は宿の予約や浜松餃子の店や鰻の名店を調べる作業に謀殺された。何店舗か回ろうと思っていた為、各店の定休日や開店時間に合わせて来店する日時を決めねばならなかった。これは結構大変だったが伊蔵にとっては楽しい作業であった。

夜に食べて飲むお店については伊蔵は浜松に心当たりがあった。

本編で詳しく記すが実はこのお店には伊蔵は昨年訪れる機会があったのだ。ただ伊蔵には先に横浜に行く予定が入っていた為に訪れる事が叶わなかった。それ以来ずっと心の中で行きたいという気持ちがわだかまっていたのだ。今回せっかく浜松を旅するのでこのお店にひとりで入ってみようと思い、お店に予めカウンターを一席予約しておいた。

さて浜松に行く準備はあらかた終わった。
レポートはいつもの如く少々長くなりそうですがひとつお付き合い下さい。伊蔵の『遠州浜松』への旅の始まりです。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/531-5d869333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『遠州浜松』への旅/その1・浜松へ «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『お伊勢参り』/その20・最終回

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。