2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BP名古屋ノスタルジックカーショー2008/国産車前編

BP名古屋ノスタルジックカーショー2008のレポの今回は国産車編です。
DSCF8401.jpg
今回も何台か展示されていた『トヨタ2000GT』。みんな綺麗に手入れされていてとても綺麗で新車の様だ。
DSCF8402.jpg
トヨタ車には名車といわれるクルマが何となく少ないのだが“国産車で唯一のボンドカー”に選ばれる程の素晴らしいまでに美しいスタイリング。このクルマは普通の国産車とは別格という事はみな同じ意見だろう。
DSCF8459.jpg
こちらは度々ノスタルジックカーショーで見かける『なんちゃって2000GT』(笑)ユーノスロードスターをベースにそれらしく見える様に手の込んだ造りがしてある。
DSCF8486.jpg
“ハコスカ”こと『日産スカイラインGT-R』も沢山展示されていた。このノスタルジックカーショーの展示車両の中では最も数が多い・・てか多過ぎ(笑)
DSCF8484.jpg
いまさら詳細にこの『GT-R』の名車振りについてここで語る事もあるまい。
DSCF8496.jpg
GT-Rのエンジンは水冷直列6気筒DOHC排気量1,989cc、最高出力は160馬力/7,000回転、最大トルク18.0kg-m/5,600回転 を発生する。
DSCF8461.jpg
ハコスカの他『ケンメリGT-R』も展示されていた。この他今回は歴代のスカイラインシリーズが展示されていた。
DSCF8482.jpg
中でも懐かしかったのがこのスカイライン。通称『ジャパン』と呼ばれるクルマ。展示車両は前期型の丸目四灯(丸目ジャパン)のタイプ。
DSCF8483.jpg
このクルマのリアビューはスカイラインである事を強烈に印象付けている。その昔は本当によく見かけたクルマだ。
DSCF8462.jpg
こちらもスカイラインシリーズでは有名な『2000RSターボ』。赤と黒のツートンカラーがイカしている。う~むしかしどうしても過剰な武装とハイテク機器で固めた『西部警察』の車両を思い出してしまう(笑)
DSCF8479.jpg
RS系の後期型である通称『鉄仮面』も展示されていた。フロントがグリルレスになっている事からそう呼ばれたクルマである。
DSCF8494.jpg
東京モーターショーに出掛けた時にはあまりの人混みで見る事すら叶わなかった最新の『GT-R』。このノスタルジックカーショーで初めて間近で見る事が出来た。見れば見る程『ハコフグ』のような顔つきのクルマである(笑)
DSCF8495.jpg
リアはやっぱり丸目四灯。これが一番スカイラインらしく見える。う~むやはり今回のショーでも日産車は圧倒的に多かった。特にこのスカイラインシリーズは名車といわれるものが多く他の国産車を圧倒している。最後に紹介する日産車はこちら。
DSCF8480.jpg
ドラマ『あぶない刑事』でおなじみ『日産レパード』である。このクルマは伊蔵も好きだ。シンプルで端正なその姿と色合いがイイ。
DSCF8481.jpg
ドラマもウケて人気のクルマとなった。この後このクルマはマイナーチェンジを経て『レパードJフェリー』へとフルモデルチェンジするのだがそのJフェリーはこのクルマとは似ても似つかない“モッサリ”したスタイリングと変化してしまって非常に残念だった思い出がある。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/558-a9768458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BP名古屋ノスタルジックカーショー2008/国産車後編 «  | BLOG TOP |  » BP名古屋ノスタルジックカーショー2008/輸入車・後編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。