2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県亀山市・伝説の食堂『亀八食堂』へ/その5

takeさんはホルモン焼きには欠かせない麦酒を所望なのであった(笑)
それが分かった瞬間、テーブルの片隅で何かが光った!それは音がするほどのアキラ氏の鋭い眼光であった・・・。この日のアキラ氏はクルマを運転しているのは読者もお分かりだろう。しかし彼は大概運転手なのだ。お酒が好きな彼も麦酒を飲みたい事に違いはないがそこは運転手の悲しい性である。草加君はそこまでお酒を嗜まないので我慢する程ではない。

『すまんな!アキラ』

アキラ氏の先程までの鋭い眼光はこのtakeさんの一言で光を失ってしまった。やがて我々のテーブルに『キリン クラシックラガー』の褐色の瓶が運ばれて来た。アキラ氏の喉がグビリッ!と鳴った様な気がした。
DSCF8538.jpg

『まぁまぁtakeちゃん・・・』
『ウム・・すまんのう』

麦酒所望の下知を受けた際にtakeさんに対して怪訝な表情を浮かべていたたいがぁ氏も一旦飲むとなったら腹が座ったようでtakeさんのワンカップのグラスに“コポコポコポ・・・”と冷たい麦酒を注ぎ始めたのだった。

『まぁまぁ伊蔵氏・・・』
『これはこれは・・・(苦笑)』

かく言う伊蔵も麦酒の冷たい喉越しの魔力にはどうしても勝てずたいがぁ氏からグラスに麦酒を注いで貰ったのであった。シャキーン!またアキラ氏の鋭い眼光がワンカップグラスの中の泡立つ琥珀色の液体に向けてロックオンしているのが肌で感じられたが、

『すまぬなアキラ!』

takeさんとたいがぁ氏、伊蔵の容赦のない押しに彼はついに玉砕を覚悟したようだ。我々は“麦酒”アキラ氏は“麦茶”の図式がこの瞬間決まったのであった。たった一字の違いではあるもののこの違いは我々メンバーにとっては大きい違いなのである。この日は雨模様とはいえ、大変蒸し暑かったのでホルモン焼きと一緒に味わう麦酒の喉越しは格別なものがあった。返す返すもすまぬ!アキラ氏!
DSCF8537.jpg
鉄板上の味噌仕立てのホルモン焼きには惜し気も無くトウガラシの『カプサイシン絨緞爆撃』がtakeさんの手によって行われていた。これによってホルモン焼きは二倍にも三倍にも美味しくなるのだ。
DSCF8539.jpg
甘い味噌にピリリとした刺激が加わり旨い事この上ない。ますます食が進むし麦酒も進むという訳だ。ホルモンとトントロも最初に行った“蒸し”の作業が効を奏し実にいい仕上がりで適度に歯ごたえもあり実に美味しい。鉄板上に大量に積まれていたキャベツとモヤシもシナシナ状態になり、亀味噌との相性も抜群で味もこれまた甘くて美味しいのだ。

鉄板の上ばかりに気が取られていて気が付かなかったが、すでに『亀八食堂』内はお客さんでごった返していた。老若男女を問わず、カップルまたは小さな子供連れなど実に様々なお客さん達が次々に『亀八食堂』へと入って来るのだ。ホルモン焼きという男臭い大人の食べ物を出す食堂にこれ程バリエーションに富んだ客層が足を運ぶ事は珍しい。しかもこの食堂の規模はホルモン焼き屋としては大きい部類に入るので、それが全部客で埋まってしまう事自体が凄い事に思える。
DSCF8540.jpg
そろそろホルモン焼きもほぼ半分食べ尽くした我々。ここで新たな食材を鉄板上に投入せねばならない頃合いとなった。その食材とは、
DSCF8532.jpg
『うどん』である!ここ『亀八食堂』ではうどんの玉を注文すると袋に包まれたままテーブルに運ばれて来るのだ。うどんのパッケージには『玉屋の白玉うどん』と表記されている。調べてみると三重県鈴鹿市にある『玉屋製麺所』が作っているうどんであるらしい。我々はこのうどんを人数分の5袋を注文していた。これを全て鉄板上へと投入する作業に早速掛かったのだった。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/564-c13f0b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三重県亀山市・伝説の食堂『亀山食堂』へ/その6 «  | BLOG TOP |  » 三重県亀山市・伝説の食堂『亀八食堂』へ/その4

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。