2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も近い温泉へ

伊蔵が住む街に新たに温泉が出た。
天然の温泉はこれまで一つだけあった。今回湧出したのは二ヶ所目でありしかも伊蔵の自宅に近い場所であった。先程立派な温泉施設が完成したとの事だったので早速出掛けてみる事にした。
DSCF8647.jpg
伊蔵は久しぶりに愛馬(愛車)『白影号』を物置から引っ張りだした。タイヤはしばらく乗っていなかった為にエアが抜け気味になっていたので、エアポンプで充塡してから目指す温泉施設へ向かって走り始めた。その温泉施設へは自転車でも10分少々しか掛からないのだ。

新たに出来たというこの温泉施設の名は『湯の華アイランド」という。地下1,800mから湧き出す天然温泉で木曽川っぺり(名勝木曽川国定公園の中)にある。“湯の華温泉・美肌の湯”と名付けられたこの温泉施設は7月中旬にオープンした。オープンするにあたってテレビCMや折り込みチラシ等、大々的に宣伝したので知っている方も多いと思う。施設は大きく三つの施設に分かれている。

●温泉スパ
湯の華温泉「美肌の湯」木曽川を望む8種類の露天風呂
●岩盤スパ
2種類の屋外岩盤ドームスパと6種類の岩盤スパ
●癒しスパ
屋内外レストラン「湯の華亭」の他、アカスリ、エステ、マッサージ施設、ゲームコーナー、マンガ・インターネットコーナー、喫茶、お土産コーナーなどなど。

この辺りではかなり充実した温泉施設であり、特に多種多用な岩盤浴の施設には力が入っている感じである。
DSCF8648.jpg
『白影号』に股がった伊蔵は程なく『湯の華アイランド』へと到着したが駐車場に停まるクルマの数を見て閉口した。混み過ぎている・・・・。自転車を駐輪場へと停め、施設入口へと行ってみるとなんと入場制限をしていた。むむむ・・・。
DSCF8649.jpg
実はこの日は日曜日。オープンして間もないので混んでいるのも仕方が無い。伊蔵はこの日の入泉を諦めた。そこで平日の夜に改めて訪れてみようと考えた。それなら幾分空いている事だろう。
DSCF8651.jpg
早速次の日の月曜日、仕事を終えて帰宅してから『白影号』を走らせ(午後九時を過ぎてはいたが)『湯の華アイランド』へと向かった。施設自体は午前一時まで営業(受付は0時まで)しているので時間的に心配は全く無い。平日の遅い時間という事もあって最初に訪れた時に比べ明らかに駐車場も空いていた。これはゆっくり出来るだろう。
DSCF8653.jpg
田舎には不釣り合いなリゾート施設然とした入口をくぐり中へ入り、履き物を下駄箱へと入れてチケットをタッチパネルの発券機で購入。伊蔵は温泉入浴のみ利用なので750円だ(土日祝は850円になる)。下駄箱のキーをフロントに持って行くとそこでバーコード付きのロッカーキーと交換してくれる。このバーコード付きのキーを持っていれば、施設内での飲食代やレンタル代はその都度バーコード読取り端末で読み取られ、最後に施設を出る際にフロントで精算されるというシステムになっている。

フロント前は夜も遅いにも関らず家族連れのお客さんが結構いたし、子供がゲームコーナーや施設内を走り回っていた。子供は早く寝ろ!と言いたかった伊蔵であったがそんな子供達を避けつつ温泉へ続くフロアを歩いて行った。

温泉内に入るとやはり空いていた。これは夜に来た方が断然イイ。
湯の華温泉の泉質と効能は以下の通り。

●泉質/カルシウム・ナトリウム一塩化物泉(高張性)アルカリpH7.9 
    和倉温泉の泉質に類似
●効能/神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

室内風呂6種類と露天風呂が8種類もあってなかなか充実している。サウナも広くてイイ。露天風呂に浸かりながらテレビを見れるというのもなかなかオツだ。昼間であれば露天風呂から木曽川の景色が見れるのだろうが夜だったのでこれは残念ながら望む事は出来なくて真っ暗であった(笑)ちょっとした温泉旅館かホテルの温泉大浴場にでも来ているようなそんな感じに浸れる。

なかでも伊蔵のお気に入りは『シルキー風呂』という乳白色に濁った湯。湯の中で発生する微細な気泡が血液の循環を高め肌を潤してくれるマイナスイオン風呂である。これは心地よい。しばらく浸かっていると確かに血液循環が良くなり身体がポカポカと火照って来る。いろいろな温泉に入りながら都合一時間以上楽しんでしまった(笑)自宅から最も近い温泉だけにこれからも度々利用させて頂こうと思った伊蔵であった。

DSCF8655.jpg
◆『湯の華アイランド』
http://www.spa-yunohana.com/


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/585-35b9b338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴルフ場で昼食を «  | BLOG TOP |  » 『遠州浜松』への旅/その34・最終回&番外偏

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。