2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!「犬神家の一族」

今朝の芸能ニュースを見ていたら30年ぶりに映画「犬神家の一族」がリメイクされるという。監督は当時と同じ市川崑監督。御歳90歳!金田一耕助役も当時と同じ石坂浩二さん。最近「開運!なんでも鑑定団」を見ていて、なぜ石坂さんが髪の毛を伸ばしているのか分からなかったのですが、この金田一耕助役の為だと分かった伊蔵です(笑)

最近でこそ金田一役はSMAPの稲垣吾郎くんが有名ですが、伊蔵にとっての金田一はやっぱり石坂さんです。それほど当時この映画は話題になったし、記念すべき角川映画第一作だった。この犬神家のヒットの後、続々と横溝正史作品が映画化された。
02main.jpg

伊蔵の当時初めてこの映画について感じた印象は「怖い映画」、ホラー色が強く印象に残っている。映画宣伝もこの一点に絞っていたという事もあるだろう。特に登場人物の中に「犬神佐清」(いぬがみすけきよ)という人がいるが、彼の被っているゴム製の仮面姿が異様に映ってとても怖かった。もう一点はこの映画のポスターに使われていた画像。逆立ちをした形で湖面にヌッと突き出た二本の足。子供心に強烈に印象に残っている。この映画のパロディを「8時だよ!全員集合」でもコントでやっていた事も憶えている(笑)

映画のほかにこの作品はテレビ版も配役を変えて放映されたし、最近になってまた脚光を浴びている。横溝作品は田舎の有力者の残した莫大な財産目当ての殺人事件をその地方の伝説や歴史を巧みに織りまぜ、単なる推理小説や事件小説に留まらないところが魅力といえる。(伊蔵は特に「八つ墓村」が好きな作品)またそれを芸術的に映像に起こした市川崑監督の腕も凄いところ。

今回この偉大な作品をどういったリメイクで同じ市川監督がするのか伊蔵は興味があります。テロップは市川監督独特の型になるのかな?(笑)
スポンサーサイト

● COMMENT ●

写真の上段の左の方はもしかして「犯人はワカッタ!!」
のデカか?あの髭に見覚えがあるぞ・・・

彼は今でも現役なのか?だとしたら楽しみな作品になりそうだねw

よーし!わかった!

takeさん>>
そのとおりです!ヒゲの人はあの刑事さんです。
「よーし!わかった!」って全然わかってない・・(笑)
大体みんなが予想する犯人の名前をこの人が最初に「わかった!」って言いますよね(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/59-8690b270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裏切り者の代名詞 «  | BLOG TOP |  » 雨と桜と友と蕎麦

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。