2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『近江国・彦根』への旅/その6・“ひこにゃん”現る!!(2)

DSCF8665.jpg
係員のお兄さんの合図が出たにも関らず、当の『ひこにゃん』はなかなか会場内に姿を見せなかった。見せないというより照れて入って来ないという感じの仕種でチラリ・・・と戸口の付近に留まっているようだ。これだけの仕種の可愛さで観光客達の拍手喝采を取ってしまうのだから凄い。『ひこにゃん』はその歓声に応え、モチのような身体と短い足でヒョコヒョコと会場の中央まで移動して来たのだった。
DSCF8667.jpg
ここでこの彦根市のイメージキャラクター『ひこにゃん』について語らねばなるまい。このイメージキャラクターは元々昨年に彦根市で行なわれたイベント『彦根城築城400年祭』のイメージキャラクターとして誕生した。デザインをしたのは大阪府の桜井デザイン所属のイラストレーター『もへろん』氏である。

このイベントを広く全国の人達に知ってもらう為にと考え出された『ひこにゃん』であったが、この着ぐるみのキャラクターの“ゆるさ”“可愛さ”がなぜか多いにウケてしまいマスコミに多く取り挙げられる事になった。その為、当の『彦根城築城400年祭』のイベント内容等がひこにゃん人気の影になってしまい、霞んでしまうという笑えない事態にもなったのである。イベントは無事に終了したが『ひこにゃん』の人気は衰えず、今ではすっかり彦根市のイメージキャラクターとして定着してしまったようだ。
DSCF8670.jpg
『ひこにゃん』の外見状の特徴は白い猫が金色の角の装飾が施された赤い兜を冠っているというもの。これにはちゃんと由来というものがある。

何故『猫』なのか。これは彦根藩二代藩主『井伊直孝(いいなおたか)』が豪徳寺という寺の門前の大木の下で雨宿りをしていたところ、白い猫が現れ直孝に向かって手招きをしたという。『??』と思った直孝はその白い猫の方へ近寄ってみた。すると先程まで雨宿りをしていた大木に雷が落ちた。直孝は猫の手招きによって命を救われたのだった。直孝はこの白い猫に感謝し、豪徳寺を井伊家の菩提寺としたという逸話が元となっている。

ひこにゃんの冠る朱色の兜にも意味がある。
080818_215039.jpg
これは『井伊の赤備え(いいのあかぞなえ)』からきている。赤備えとは戦国時代の軍団編成のひとつ。井伊家の率いる軍勢は甲冑や武具、旗差物に至るまで全てが朱色に塗られていた。その軍勢の精強さは比類がなく『井伊の赤鬼』と呼ばれて敵側から大いに恐れられたという。

元々この“赤備え”の軍団編成は井伊家のものではなく、甲斐の武田信玄が作り上げたものであった。武田家滅亡後、信玄が作り上げた軍団の強さを十分に認めていた徳川家康は武田家の旧臣達を多く召し抱え、特に井伊家の下に配属せしめた。井伊家の軍勢の強さの秘密はこれら武田家の旧臣達の力が大きかったのである。以後井伊家の軍勢はその強さと赤備えという編成を武田家から受け継ぐ形になった。
DSCF8671.jpg
このように彦根のイメージキャラクター『ひこにゃん』の外見上の特徴は、彦根の発展に大いに寄与した井伊家に伝わる逸話や、軍団編成の特徴を両方とも兼ね備えたものだと言えるのである。しかしながら会場での『ひこにゃん』にはそうした由来の勇猛さというものは全く無くとてもカワイイのである(笑)全国にキャンペーンがあれば出張していく事もあるというこの『ひこにゃん』、撮影慣れもしているらしく観光客が撮影しやすいようにちゃんとポージングもしてくれる可愛い奴なのだ。
DSCF8672.jpg
やがて『ひこにゃん』と観光客同士の2ショット撮影会が始まったのだが、予想以上に『ひこにゃん』と一緒に写真に収まりたいと考える観光客が多くて驚いた。驚いたと同時に『ひこにゃんの“中の人”も大変だよなぁ~』と思わずにはいられなかった。一体“中の人”にはどんな人が入っているのだろう・・・。交代人員は勿論いるだろうが、これだけ気温が高く暑い日には着ぐるみ内の温度は相当なものになるだろう。

可愛く愛橋の良い『ひこにゃん』のパフォーマンスを見ていると“中の人”はひょっとすると女性なのであるまいか・・と勝手に推測する伊蔵であった。2ショット撮影会で盛り上がる会場を後にしつつ『ひこにゃん』に別れを告げた。実際に『ひこにゃん』を目にして見たがその可愛さというものは伊蔵に十分に伝わったし、このキャラクターに人気が出るのも分かる様な気がした。<つづく>

※追記
彦根市にはこの『ひこにゃん』の他にもキャラクターが存在する。井伊家より前の彦根の主人である石田三成をモチーフにした『みつにゃん』、三成の家臣である島田左近をモチーフにした『しまさこにゃん』がいる。ちなみこの二匹の猫キャラと『ひこにゃん』は関ヶ原の戦いでは敵同士であった為、ライバルという間柄といえる。残念ながら今回の旅では見かける事がなかった。

hikonyan.jpg
◆ひこにゃん特設サイト
http://hikonyan.hikone-150th.jp/


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/593-51381e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『飛騨のお土産』参上!! «  | BLOG TOP |  » 『近江国・彦根』への旅/その5・“ひこにゃん”現る!!(1)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。