2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『近江国・彦根』への旅/その9・彦根城本丸

DSCF8683.jpg
蒸し暑過ぎた彦根城の『天秤櫓』を脱出した伊蔵は、さらに本丸へと続く石段と坂道を登って行った。この坂道の先には重要文化財である『太鼓門櫓』ありこの櫓の門をくぐるといよいよ天守閣の建つ『彦根城本丸』となる。
DSCF8685.jpg
汗を流しつつ坂道を登る途中にはしっかりと組まれた美しい石垣を見る事が出来る。城巡りの楽しみのひとつがこの石垣積みの精緻さとその技術力の高さを垣間見つつ感動し驚く事であろう。美しい石組を横目で見ながら伊蔵は本丸へと辿り着いたのだった。本丸はちょっとした平な広場になっておりその端にこじんまりとしながらも重厚感溢れる『彦根城天守閣』が建っていた。
DSCF8686.jpg
派手さとスマートさは決して無い天守閣だがどことなく無骨さ、力強さというものを感じる建築物である。優雅でスマートな大坂城天守閣を映画スターウォーズに登場するドロイド『C-3PO』に例えるなら、差し詰めこの彦根城天守閣はその相棒『R2-D2』というところか。
DSCF8687.jpg
三層三階のこの天守閣は紛れもなく四百年前から変わらずこの場所に建っている国宝の天守閣である(外観は修理の際に化粧直しされているようだ)。この天守閣の特徴はまず第一に屋根に様々な様式を幾つも合わせて構成されている事である。
DSCF8719.jpg
一層目には『切妻破風』、二層目には『入母屋破風』、三層目には『唐破風』といった異なった屋根の様式が見られそれらが全体に実にバランス良く一体化し変化に富んだ美しい外観を見せている。
DSCF8717.jpg
天守閣を支える石垣は優雅な反りも無く、その石組も一見粗雑に見える。しかしこの石組は水はけも良く安定感も抜群に良いとされる“牛蒡積み(ごぼうづみ)”という工法が採られている。伊蔵の先の旅で訪れた浜松城天守閣の石垣でも観察出来た“野面積み(のずらづみ)”によく似ている。調べてみるとこの彦根城天守閣石垣の“牛蒡積み”は“野面積み”の一種であり野面積みよりも崩れにくくした発展系だという事でほぼ同じ工法だと分かった。
DSCF8689.jpg
天守閣の建つ彦根山の山頂、本丸の広場からは城下に広がる彦根市の街並に加え日本一の規模を誇る湖『琵琶湖』も望めとても眺望がいい。この琵琶湖を指差し『海じゃん!海が見える!』と横で叫んでいた若者がいた。一体どういう地理感覚をして彦根まで旅をしに来ているのかとオッサン伊蔵はしばし呆れてしまった・・・。

彦根山からの景色を本丸広場から一通り楽しんだ後、伊蔵は『彦根城天守閣』内部へと向ったのだった。<つづく>






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/597-5cbd76d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『近江国・彦根』への旅/その10・彦根城天守閣 «  | BLOG TOP |  » 『近江国・彦根』への旅/その8・本丸への道

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。