2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イッカクに会いたい!

shina_up.jpg

昨夜、「椎名誠のでっかい旅!」という番組を視聴した。
今回のテーマは「北極海」。シリーズ第四弾だ。伊蔵は彼のファンなのです。
今回は北極海に「イッカク」を見たいと言う事で出掛けるというもの。

●イッカク
学名:Mondon monoceros
ハクジラ亜目、イッカク科
クジラの仲間だが、最大の特徴は上顎左側の歯が上唇を突き破って伸びたという「角(歯)」。これはオスだけに生え、最大で3メートル近くまで成長する。生息域は北極海の広範囲で、通常は10頭程の群れで行動する。
創造上の動物「ユニコーン」を生んだクジラでもある。長い角(歯)をはじめ、その生態について謎が多い動物。

なかなかテレビでもお目にかけない動物。楽しみにしておりました。
椎名誠さんの本も勿論、沢山読み大ファンです。辺境への旅の描写もとても面白いですが彼の文面で面白いのは辺境の民族の食文化についての話が特に興味を引きます。

今回のテレビではイヌイットという我々日本人と同じモンゴロイド人種に含まれる人々の紹介がなされておりました。彼等は生きて行く為に動物を少しだけ(自分が食べる分だけ)殺します。よくこういう場面を見て殺される動物たちが

「可哀想!残酷だ!」

という人たちがおりますが、あなた方が今、美味しそうに食べているハンバーガーやチキン等はすべてこのように殺して食べていると言う事を忘れないで頂きたいと思うのです。
可哀想な動物たちに敬意を評しながら好き嫌い無く我々は食べなくてはならないと僕は思います。まさに彼等のおかげで「生かされている」のですから。
モンゴル人も大切な家畜である羊をお客さんを歓待する場合には絞めて血の一滴も無駄にせずに全て食べてしまうとの事。

いかに日本人は飽食か、無駄に食料を他国から輸入している事でしょう・・。

まあ屠殺の部分はなかなか我々の目に映ることは無いものですから、こう言う事はちゃんと正直に子供らに教えていく必要があると思います。
また、食べたくても食べられない人が世界中には沢山いると言う事も・・。

さてテレビの話に戻りますが、カリブーのお肉やイッカクの皮付き皮下脂肪のカナダ産醤油漬けはとてもウマそうでした(笑)クジラの味に似てるらしい・・。(クジラ科だから当たり前か)一度食してみたいですね。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

北海道

アロハ、家の妻は道産子です。これから冬の珍味が親兄弟から送られてくるとの事。どえりゃ~楽しみ。流氷見たことありますか?4月でも見れますよ~。マハロ

道産子!?

ばってんさん>
奥さん道産子だったのですか!ならこの名古屋の冬の寒さなんてヘッチャラでしょうね!残念ながら僕は流氷見た事ないです・・。冬の珍味・・気になりますねえ(笑)昆布とか蟹とかですか?いずれにせよ美味しい食材が手に入るんでしょうねえ。うらやましいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/6-8e6e1804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城下町をぶらり «  | BLOG TOP |  » 地震

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。