2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『近江国・彦根』への旅/その20・『ひこね赤祭り』(3)

DSCF8770.jpg
ひと昔前なら街中でよく見かけたアメ車『シボレー・カマロ』も沢山来ていた。最近の原油高ではアメ車に乗るのはさぞかし金が掛かってしょうがないだろうがこのクルマに愛着を持って乗っているオーナー達にはあまり関係の無い事なのだろう。伊蔵はそんな赤いシボレー・カマロを眺めながら歩いていた。そしてふと足元を見て驚いた!
DSCF8771.jpg
ああああっ!?誰かが下敷きになってる・・・(笑)しかしよく見てみるとこの腕は造り物であった。このカマロにはハイドロ(油圧で車高を極端に高くしたり低くしたり出来る機構)がかませてあり、一番車高を低くした状態でこの造り物の腕が飾りとして挟んであったという訳。
DSCF8772.jpg
しかし一瞬この光景を見るとやはり驚いてしまう(笑)
アメ車のシボレー・カマロだけにこれはアメリカンジョークというところか。
DSCF8774.jpg
こちらもアメリカのクルマ『ダッジ・ヴァイパー』。その姿は毒蛇(ヴァイパー)の名に相応しい。このクルマはアメリカンスポーツカーの申し子のような存在でその心臓部はV型10気筒OHVエンジンでなんと排気量は8リッターもある化け物の様なクルマである。デビュー時やレース等で結構話題になったクルマだが最近見る事は少なくなった。
DSCF8776.jpg
古き良きアメリカンカーも何台か展示されていた。この時代のアメリカのクルマはどれもこれも巨大だ。もうしばらく伊蔵の『赤祭り』巡りは続く。<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/608-56472fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『近江国・彦根』への旅/その21・『ひこね赤祭り』(4) «  | BLOG TOP |  » 『近江国・彦根』への旅/その19・『ひこね赤祭り』(2)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。