2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『近江国・彦根』への旅/その23・『ひこね赤祭り』(6)

伊蔵は『ひこね赤祭り』の会場の外の彦根城のお濠沿いの道に一旦出てパレードに参加する赤いクルマ達を出迎える事にした。
DSCF8803.jpg
彦根城の濠には遊覧船が運航しており会場のそばを通り過ぎて行った。しかし観光客が乗っている気配がなくちょっと寂しい遊覧船ではあったが・・。
DSCF8804.jpg
赤祭りの主催スタッフ達の指示で次々と会場内から彦根市街へ向かって赤いクルマが出て来た。お濠沿いの道で思いっきりエンジン音をふかしつつ走り去るクルマ等もいて面白かった。この行動に出たのはフェラーリに乗っているオーナーの方が多かった。日本人のフェラーリのオーナーはどうしてもこういう自己主張の強い人が多いんだよなあ。
DSCF8805.jpg
現代の“赤備え”とでもいうべき赤いクルマの集団。パレードはそれら赤備えの武者達の出陣のようにも見えた。パレードに向かうクルマに加えこれから会場内へ向かおうとするエントリー車もいた。そんなクルマの中で一際異彩を放つクルマを伊蔵は見つけた。
DSCF8807.jpg
そのクルマは会場内へと入る順番待ちで路上に停まっていた。コポコポコポコポ・・・・と小さなエンジン音を響かせるこのクルマは日本で十番目の自動車メーカーとして知られる富山県富山市に本社をもつ『光岡自動車』のラインナップするマイクロカー『K-4』であった。このクルマの存在自体は知ってはいたものの公道上で目にするのは初めてだ。
DSCF8806.jpg
このクルマはオーナー自身が組み立てる事が可能なキットカーである。全長2490mm・全幅1290mm・全高860mmのコンパクトなボディの一人乗り専用車でエンジン排気量はわずかに49ccで強制空冷2サイクルエンジンを積む。公道を走るクルマとしては少々非力ではないかと思うが、自分が乗るクルマを自分の手で組み立て実際に道を走らせる楽しみ方とそれを低価格で消費者に提供を可能にした事はとても素晴らしい。

◆MITSUOKA MICROCAR FACTORY
http://www.mitsuoka-mc.com/

赤いクルマのパレードを見ながら伊蔵は彦根城の濠沿いの道を歩く。
こうして『ひこね赤祭り』の見学は終わった。少々昼飯には早い時間であったが彦根での最後の目的である『鮒寿司』を堪能する為、とにかくお店に向かう事にした。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/611-634e2309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『近江国・彦根』への旅/その24・近江の郷土料理『鮒寿司』 «  | BLOG TOP |  » 『近江国・彦根』への旅/その22・『ひこね赤祭り』(5)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。