2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『信州松本』への旅・その3/松本市内散策(2)

アキラ氏と伊蔵は『千歳橋』のたもとの川沿いにある細い路地『縄手通り商店街(なわてどおりしょうてんがい)』へと向かった。
DSCF8860.jpg
松本城の濠と女鳥羽川に挟まれた“縄のように細長い土手”という土地柄から『縄手通り』と呼ばれる様になったこの通りは、『四柱神社』の参道として発達した商店街である。またこの通りのすぐそばを流れる女鳥羽川の水辺には『河鹿蛙』が生息しており、縄手通り商店街のシンボルとなっている。
DSCF8863.jpg
『縄手通り商店街』の東西の入口には“メトバ”と“ゴウ太”と名付けられたカエルの石像が立てられている(画像は西の入口の“メトバ”の像)。
DSCF8861.jpg
これはたまたま商店街の西口に展示されてあった『ガマ侍』と名付けられた蝦蟇を象った御輿。テーマは多分『児雷也(じらいや)』だろう。大蝦蟇の白い目がコワイ・・・(笑)これは東京芸術大学のデザイン科の学生達の製作で縄手通り商店街に寄贈したものだという事であった。
DSCF8862.jpg
縄手通り商店街に軒を連ねている店舗は多種多様。道具屋、園芸店、古美術店、はんこ屋、うどん・そば屋、ラーメン屋、もんじゃ焼き、手焼きせんべい、古本屋、プラモデル屋などなど商店街の規模は小さいものの何でも揃っている感じだった。
DSCF8864.jpg
商店街は綺麗に整備されている。整然と石畳が敷き詰められ立ち並ぶ店舗も新しい。平成に入ってから女鳥羽川整備事業によってこの商店街は新しく生まれ変わったという事なので景観が綺麗なのも頷ける。
DSCF8873.jpg
古美術店や雑貨店には実にいろんな品物が所狭しと並んでいて見ているだけでも楽しい。何か得体の知れない掘り出し物とかが見つかりそうなそんな感じがする。
DSCF8865.jpg
これは『根付』かな?現代でいうところの携帯ストラップのようなもの。ひとつひとつ見てみると細工に手が込んでいる。様々な動物をモチーフにしたものが沢山あり面白い。
DSCF8866.jpg
こちらは『宇宙堂』というプラモデル屋さん。今では伊蔵はプラモデルを作るという事は無くなってしまったがこういうお店を見ると今でもワクワクしてしまうのはなぜだろう。
kaerumyoujinn.jpg
『縄手通り商店街』の中程まで歩いて行くと商店街のシンボルである『蛙』を祀った『かえる大明神』という小さな社があった。今では観光客で賑わうこの商店街も一時期は活気を失った時期があったらしい。再度活気ある商店街に“かえる”ようにと昭和47年にこの社は建立されたという。
DSCF8871.jpg
これは『四柱神社(よはしらじんじゃ)』。その名の通り四柱の神を祀る。『天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)』『高皇産霊神(たかみむすびのかみ)』『神皇産霊神(かみむすびのかみ)』『天照大神(あまてらすおおかみ)』の四神。これらの四神は日本神話では最高の神ばかり。でそれを四神ともに祀る神社というのも全国的にも珍しいとの事で『願いごとむすびの神』として崇敬されているという。
DSCF8870.jpg
四柱神社の鳥居のすぐそばはもう女鳥羽川の流れが。アキラ氏と伊蔵はせっかくなので松本市街を流れるこの綺麗な女鳥羽川の川べりへと降りてみる事にした。
DSCF8867.jpg
四柱神社から石の土手を伝って女鳥羽川に水が流れ落ちていた。涼し気な光景だ。都市の中にいるという事を忘れてしまう程に自然が残っている。
DSCF8869.jpg
この女鳥羽川は松本城の外濠の役目を持たせる為に本来の川の流路を人工的に変えられたという。この縄手通り沿いのこの流れはちょうど人工的に流路を変えられた部分で川幅も極端に狭い。1959年に松本市を襲った台風7号でこの川幅の狭い女鳥羽川は氾濫し市内は洪水に見舞われた。
DSCF8868.jpg
川べりへ降りて川面に目を移してみると鴨が浮かんでいてヘラのような嘴で川の水をすくっては自分の羽根の手入れをしていた。とても市街中心部の風景とは思えない光景に伊蔵は感動していた。松本市という都市は自然との共存に力を入れているようだ。
DSCF8874.jpg
ふと見つけて入り込んだ自然に恵まれた『縄手通り商店街』。
松本市を代表するいつまでも活気あふれる商店街であってほしい。<つづく>





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/619-2e2ee11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『信州松本』への旅・その4/松本市内散策(3) «  | BLOG TOP |  » 『信州松本』への旅・その2/松本市内散策(1)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。