2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『信州松本』への旅・その14/『そば屋五兵衛』さんで昼食を(1)

アキラ氏と伊蔵は予想以上に松本城見学に時間が掛かり過ぎてしまった。城を見終えた時にはとっくに昼は過ぎていたのだった。腹が減るはずである(笑)信州と言えば“蕎麦”という事で予め松本市内の蕎麦屋を調べておいた。いくつか候補があったが今回は松本城に程近い『そば屋五兵衛』さんで蕎麦を頂く事にした。

アキラ氏と伊蔵は松本城内を北方面へ出て『松本神社』の脇を北へと進んだ。しばらく道なりに進むと小学校の校門に突き当たる。『松本市立開智小学校』だ。この小学校はごく普通の小学校だがその敷地の向こうにもう一つの学校が存在する。
DSCF8942.jpg
『旧開智学校(きゅうかいちがっこう)』である。日本で最も古い学校のひとつに数えられる。明治6年(1873年)に開校され昭和38年(1963年)まで校舎として使用された建築物で国の重要文化財に指定されている。その独特の外観様式は“擬洋風建築(ぎようふうけんちく)”と呼ばれる。簡単に言ってしまえば和洋折衷建築だが、これは明治初期の大工職人達が東京、横浜、神戸などに当時次々と建てられた西洋建築を見て影響を受け、それを真似て造ったがゆえに自然に和風と洋風が微妙に入り交じった建築つまり擬洋風建築と呼ばれるようになったという。
DSCF8944.jpg
さてアキラ氏と伊蔵が昼飯を食べようとしている『そば屋五兵衛』さんはこの旧開智学校のすぐ近くにある。営業開始時間は午前11時からなのでいつものように開店と同時に一番槍で入店という訳にはいかなかった。すでに午後1時をまわっていたが驚くべき事に店頭には列が出来ていてすぐには入店出来そうになかった。
DSCF8943.jpg
アキラ氏、伊蔵の前には女性の二人連れと男性一人が並んでいた。すでに我々の後にも人が並び始めている。う~む・・人通りの少なく観光地からは微妙に離れている立地なのにこのお店を調べてやって来る観光客は予想以上に多いようだ。『そば屋五兵衛』さん・・なかなかの人気店。これは侮れない。

店の外には何台ものハーレーダビッドソン軍団が駐車されていた。
蕎麦屋の店内がなぜかアメリカンな空間になってしまっているという妙な想像が頭の中に浮かんでどうしても仕方がなかった(笑)ハーレーのナンバーを見てみると名古屋ナンバーや岐阜ナンバーの車両が多かった。はるばるツーリングでこの松本までやって来たのだろう。

なかなか店内からこのアメリカンなハーレー軍団は出て来なかった・・・。
結局アキラ氏と伊蔵は店頭で25分ばかり待たされる羽目に。『そば屋五兵衛』さんでは挽きたての蕎麦粉を手打ちしてお客さんに出しているので少々時間が掛かるのも致し方ない。旨い蕎麦を頂くならばこのまま並ぶしかならぬ・・とアキラ氏と伊蔵はジッと待ったのだった。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
父にこのブログを教えてもらい、楽しみにしながら見ていますw
応援しています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/630-de23a399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『信州松本』への旅・その15/『そば屋五兵衛』さんで昼食を(2) «  | BLOG TOP |  » 『信州松本』への旅・その13/国宝・松本城(9)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。